生育不良|病害虫

サトイモの生育不良・おもな病害虫|発芽まばら、葉が枯れるなど【保存版】

1.よくある生育不良

発芽がまばら

サトイモの植えつけ

深植えによる発芽不良の可能性があります。植えつけ時の深さが20cm以上だと芽が出にくくなります。

深さ10cm程度の穴を掘って種イモを置き、土を7〜8cmくらいかけて手のひらで押さえます。

また、種イモが腐っていたり、芽が出ない場合も発芽不良になります。

発芽を揃えるために、苗床に仮植えして発芽したものだけを定植するやり方もあります。

子イモが育たない

サトイモは日当たりがよく水はけのよい環境を好みます、

乾燥が続くとイモの生育がすすまないので、敷きワラなどで湿度を保ち適宜水やりをおこないます。

特に梅雨明け後は雨の降らない日が続くので、週に1〜2度はたっぷりと水やりすると、イモが大きくなります。

葉が枯れた

サトイモの1回目の追肥・土寄せ

11月に葉が枯れた場合は、初霜にあったからだと考えられます。

サトイモやサツマイモは熱帯性の野菜です。

霜が降りると葉が一気に褐色に変わり、枯れてしまいます。

これらのイモの収穫は、霜の降りる前が基本です。

地域の初霜の時期を考慮して、その前に収穫しましょう。

低温にあたると腐るので注意してください。

寒さのために葉が茶色くなってきたら、大至急掘り出しましょう。

乾燥防止のために、トウモロコシの茎葉やワラなどを敷いていた場合は、土に混ぜ込んで、堆肥として畑に入れます。

イモが表面に出ている

土寄せが足りなかった場合に発生します。土寄せは、子イモ、孫イモがしっかり隠れるように行います。

土寄せが足りないとイモの肥大が悪くなり、丸い形のよいイモにならないので注意です。

2.おもな病害虫

アブラムシ

温度が高く、乾燥の状態が続くとアブラムシが多く発生します。

葉の裏に1mm程度の虫が群生し植物の汁を吸います。

見つけ次第、紙の上に筆などで払い落として処分しましょう。

サトイモの側に、イネ科のソルゴーを植えておくと、アブラムシの天敵のバンカープランツとなり、アブラムシの被害を減らすことができます。

ハダニ

葉の裏などに群生するごく小さな虫です。被害を受けた葉はかすれたように色が抜けます。

時々、葉の裏まで洗うように水をかけて予防、駆除します。

エビガラスズメ

全体が茶色で赤色の斑点が入った大型の害虫が葉を食害します。

見つけ次第、捕らえて処分しましょう。

ハスモンヨトウ

幼虫が昼間は土の中に潜み、夜間活動して葉を食害します。

被害を見つけたら、根元を掘って害虫を探し、処分します。または夜間活動しているところを捕らえて処分しましょう。

おわりに

この記事では、サトイモの生育不良と病害虫を紹介しました。

下記でが、サトイモの基本的な育て方や栽培のコツをまとめていますので、コチラも参考にしてください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。