テクニック

サトイモの上手な育て方(植え方)|逆さ植え|踏み倒し栽培|マルチ栽培|親イモそのまま植え

1.逆さ植え 

効果

サトイモの種イモ

種イモの芽を下に向ける植えつけ方法です。

一般の栽培書ではタブーとされることもある植え方ですが、篤農技術(とくのうぎじゅつ)として伝えられてきました。

逆さに植えられた種イモは、土の圧力を受けながら萌芽(ほうが)するため、抵抗性が誘導されて病害虫に強くなります。

また、根が普通栽培より深い位置に伸びるために、乾燥の影響を受けにくくなります。

さらに子イモからの発芽が抑えられるので、土寄せの手間が減ります。

植え方

発芽直後の芽は下に向かって伸び、その後で地上に出るため、畑は植えつけ前に深く耕しておきます。

種イモは、3〜5cmほど芽が出たら、芽の部分を下にし、丁寧に植えつけていきます。

この際に、芽を折らないように注意しましょう。

種イモから発芽した芽は、最初は下に向かって伸びていきます。

その後、地上部に向かって反転して伸長し、親イモを形成します。

このため、親イモの形成位置は、種イモより下方か、あるいは同じくらいの一となります。

子イモや孫イモも深い位置に形成されるため、子イモからは茎葉が出にくくなります。

そのため、土寄せの作業が必要ありません。

また、根は地中の深い位置に伸びるので、乾燥の影響を受けにくくなり、高品質のサトイモを収穫できます。

さらに、逆さ植えでは、孫イモやひ孫イモも大きく育ち、子イモと同じくらいの大きさになります。

2.踏み倒し栽培

サトイモの2回目の追肥・土寄せ

効果

サトイモのイモの肥大が急速に進むのは、気温が下がって茎葉の生長が衰えてからのことです。

通常は初霜が降りる数週間前からと言われます。

「踏み倒し栽培」ではこの時期と同じ状況を踏み倒すことで人工的に作り、子イモ、孫イモを大きく育てることができます。

サトイモはおもに子イモ、孫イモ、ひ孫イモを食用とします。

そこで、親イモに蓄えられていた養分を「踏み倒し」によって早めに子イモ、孫イモに転流させて芋を肥大させます。

特に孫イモは子イモに迫る勢いで大きくなり、1株当たりの重量は、普通に栽培するよりも踏み倒し栽培の方が重くなります。また収量アップも期待できます。

また、養分の転流が盛んになるので、普通に栽培するよりも早く収穫することができます。 

ただし、踏み倒し栽培では養分の転流が進んでやせるため、親イモに関しては普通栽培よりも細くなります。

方法

収穫1ヶ月前の10月上旬〜中旬の晴れた日の夕方に、つぶさない程度に茎を踏みつけます。

踏み倒しには、株の水分が少なくなって、葉が少ししおれているくらいが良いです。

強く踏みすぎて折らないように注意しましょう。

踏み倒し後、2〜3日かけて茎が起き上がってくるのが理想的です。

親イモの養分が子イモや孫イモに回って肥大し、大きさが揃います。

ただし、孫イモやひ孫イモができる前に踏み倒しても意味がないです。平均的な1株を選んで、探り掘りをして孫イモ、ひ孫イモができているか確認するのが良いです。

土寄せやマルチ、芽出しなど、サトイモ栽培でのよくある質問についてまとめています。特に「芽出し」は大切な作業ですので、しっかりと行うようにしましょう。

3.マルチ栽培

サトイモの芽かき

効果

熱帯地方原産のサトイモは、高温多湿を好む野菜です。

乾燥を嫌うので、土が乾きにくい半日陰の場所で育てるのがオススメです。

種イモを植えつける際は、黒マルチを張るのがオススメです。

マルチには乾燥防止のほか、地温上昇、雑草防止効果などが期待できます。

サトイモの植えつけ時期である4月はまだ気温が低い日が多く、そのまま植えつけると芽が出るのが遅くなりがちです。

マルチを張ることで地温が高まり、萌芽や初期生育がよくなります。

また、梅雨明け後の夏の土壌乾燥も防げるので、株の生育が早まり、イモが大きく育ちます。

方法

黒マルチは、穴なしタイプを使います。種イモを植えつけたあとに畝の表面を鳴らし、その上にマルチも張ります。

芽が地上部に出てくる際に、マルチが少し盛りがってくるので、速やかにマルチを切って芽を外に出します。

7月になると地上部の茎葉が大きく育ち、地下のサトイモの肥大が始まりますが、マルチは張ったままでよいです。

通路に追肥をし、マルチの上に土をのせて株元に土寄せします。

ただし、この方法は、収穫時にマルチを取り除く手間がかかります。

時間とともに土の中で分解される「生分解性マルチ」などを利用すると、剥がす手間がかからないのでオススメです。

途中でマルチをはがし、株元に土寄せするのもよいです。

その場合は、葉がまだ小さい6月ごろにはがしましょう。

4.親イモそのまま植え

サトイモの親イモ

効果

一般的なサトイモ栽培では、子イモを種イモとします。

親イモは大きいため、種イモとして取り扱うのが不便で、ほとんどは廃棄されてしまいます。

しかし、イモが大きいということは、貯蔵している栄養分も大きいということです。

そのため、親イモを種イモとして植えつけると、子芋に比べ萌芽(ほうが)が早く、その後の生育も旺盛になり、収量は約1.5倍に増えます。

植え方

種イモは大きいため、植えつけの際の株間は普通栽培よりも広い60cmとし、植え穴の深さも20cmとします。

なお、種イモを親イモにした場合でも、逆さ植えにすることができます。

芽が伸長してからの樹勢は強く子イモも盛んに茎葉が伸びます。

そのため、土寄せは2〜3回おこない、子イモの茎葉を土に埋めましょう。

ただし、親イモを種イモとする場合は、事前にその土地への適応性を高める必要があります。

サトイモは、その土地への適応性を高めるため芽条変異(芽の細胞における遺伝子の突然変異)が生じやすい野菜です。

特に子イモや孫イモでは生じやすいので、3〜4年間は子イモや孫イモを種イモとして栽培し、適応性を高めましょう

その後、親イモを種イモとして毎年栽培します。

なお、親イモは、冬の間は土の中で保存しましょう。

おわりに

この記事では、サトイモの上手な植え方についてまとめました。

下記では、サトイモの基本的な育て方や栽培のコツをまとめていますのでコチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。