育て方|栽培方法

【簡単?コツは?】 空芯菜(ヨウサイ)の育て方|栽培方法【決定版】

1.クウシンサイ栽培について

クウシンサイ栽培について

クウシンサイは、熱帯アジアが原産地で、中国南部から東南アジア、インドを中心に栽培されており、ヨウサイエンサイカンコンアサガオ菜と多くの別名があります。

茎がストローのように空洞で、サツマイモのように地面をはって生長しますがイモはできず、わき芽が次々に生長して繰り返し収穫できます。

また、挿木での養殖も簡単です。

 

高温多湿を好み春に種をまき10月末まで収穫できます。

ただし、寒さには弱く、10℃以下になると生長が止まり、霜に当たると枯死してしまうので注意してください。

りぐ

葉汁にはわずかにぬめりがありますが、茎はシャキッとしてクセのない独特の味があります。

2.クウシンサイの品種

クウシンサイの品種

若どり用細葉種のなつサラダは2〜3週間と短期間で収穫でき、その後も数回収穫できる立性の品種です。

クセがないので、生でサラダとしても利用できます。

created by Rinker
フタバ種苗
¥308 (2022/05/23 11:21:32時点 Amazon調べ-詳細)

3.クウシンサイの育て方

土づくり

土づくり2

日当たりがよく、肥沃で保水性の高い土壌が良く、土壌水分が不足すると新葉が小さくなります。

種まきの2週間前に苦土石灰を、1週間前に堆肥有機配合肥料を施し、クワなどでよく混ぜながら耕し、幅60cm、高さ5〜10cmの畝を立てます。

created by Rinker
サンアンドホープ
¥1,049 (2022/05/23 10:41:57時点 Amazon調べ-詳細)

種まき

クウシンサイの植えつけ

種まきは4月下旬〜8月中旬ごろで、寒さに弱く、遅れると楽しめる期間が短くなります。

りぐ

種は皮が硬いので、ひと晩水に浸して吸水させてからまくと発芽が揃います。

株間30cm、条間45cmの2条まきで植えていきます。

直径3cm、深さ1cmの穴をあけ、一穴4〜5粒ずつ均等にまきましょう。

りぐ

覆土後は軽く土を押さえ、たっぷりと水を与えます。

管理

クウシンサイの間引き・追肥

間引き

双葉が展開したら、生育の良い苗2本を残します。

1回目の追肥

草丈7〜8cmのころ(種まき2〜3週)、株間に化成肥料(8-8-8)30g/㎡を追肥して土とよく混ぜます。

2回目以降の追肥

1回目と同じ追肥の仕方で、6週間ごとに、収穫予定の8週間前まで続けます。

収穫

クウシンサイの収穫

草丈30cmくらいが収穫の目安で、本葉(節)を3〜4枚残し、先端を切り取り収穫します。

残された節からわき芽が伸びるので、わき芽が30cmほどに伸びたら、また本葉を3〜4枚残し収穫、を繰り返します。

4.クウシンサイのよくある生育不良|おもな病害虫

特に発生する病気はなく、害虫はアブラムシ類イモコガハスモンヨトウハダニ類が発生します。

created by Rinker
住友化学園芸
¥634 (2022/05/22 21:16:29時点 Amazon調べ-詳細)

5.まとめ

ヨウサイの育て方まとめ

①種はひと晩水に浸し吸水させてからまく。

②乾燥に弱いので、こまめに水やりをする。

③追肥は株の成長を見ながら行う。

④地力が落ちると品質低下の原因となるので注意。

⑤収穫は順次若い茎葉を摘み取る。

この記事では、クウシンサイ(エンサイ)の育て方・栽培方法についてまとめています。

下記では、100種類以上の野菜の育て方と栽培方法をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。