育て方|栽培方法

パクチー(コリアンダー)の育て方|栽培方法

パクチーはタイ料理などでおなじみのエスニック食材で、独特の香りを持ち「コリアンダー」「シャンツァイ」とも呼ばれます。

この記事では、そんなパクチーの育て方・栽培方法についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

パクチーについて

パクチー(コリアンダー)栽培について

暑さと寒さにはさほど強くないので、盛夏や冬には被覆資材を用いて保護すると良いです。

初夏には白い小花をつけ、やがて甘い方向を放つ果実となります。

パクチー栽培の目安

パクチーは12月〜2月ごろの冬期を除き、ほぼ周年植えつけ、収穫ができます。が、香辛料としての種子をとる場合は、3〜4月まきにすると良いです。

発芽したら適宜間引いて、日当たり風通しをよくし、乾燥に弱いので、土が乾きすぎないように適宜水やりをおこないます。

種まきから6〜7週間後、株ごと引き抜くか、若い葉を摘み取って収穫します。

パクチーは、中国ではシャンツァイ(香菜)、タイではパクチー、英語ではコリアンダーなどの名前で呼ばれます。市販されている種子を求めて栽培しましょう。

オススメの品種

サワディパクチー(トキタ種苗):比較的小さい葉で葉や茎に独特の芳香がある。果実はレモンに似た芳香。

サバイパクチー(トキタ種苗):晩抽性で栽培の難しい夏も作りやすい。香りが強く、スープやジュースに。

ナリーパクチー(トキタ種苗):葉は、さわやかな香りで食べやすい。やわらかな食感はサラダにも好適。

created by Rinker
株式会社トーホク
¥380 (2021/10/27 08:51:32時点 Amazon調べ-詳細)

苗づくり・畑の準備・植えつけ

パクチーの苗

128穴のセルトレーに1穴4〜5粒まきます。目の細かいふるいでごく薄く覆土します。

発芽したら適宜間引いて2本仕立てにし、本葉3〜4枚に仕上げます。

畑の準備は植えつけの2週間前くらいにおこないます。溝の長さ1m当たり堆肥4〜5握り、油かす大さじ5杯、化成肥料大さじ2杯を施します。

植えつけは株間15cmで植えつけていきましょう。

追肥・残暑被覆・防寒被覆・収穫

パクチー(コリアンダー)の収穫

植えつけ2〜3週間後と、その後2週間たったら株のまわりに追肥をし、土と混ぜます。追肥の量は1㎡当たり油かす大さじ2杯です。

夏は温度が上がるのを防ぐために、遮光資材を掛けます。裾はあけておきます。

冬は防寒被覆として、頂部に直径5〜6cmの穴をあけ、換気します。

秋まき春どり栽培のためには、ビニールトンネルで覆うと良いです。初夏になり、日中30℃以上になったら換気します。風で飛ばされないように裾には土をかけましょう。

created by Rinker
日清ガーデンメイト
¥341 (2021/10/26 09:46:18時点 Amazon調べ-詳細)

種まき後6〜7週間で収穫できます。葉をハサミや手で摘み取りましょう。

おわりに

パクチー(コリアンダー)の水耕栽培

パクチーはほぼ周年栽培できますし、収穫まで6〜7週間と比較的短期間で栽培できる野菜です。

クセのある香りが特徴的で好みは分かれますが、栽培は容易で水耕栽培でも簡単に作れますので一度作ってみてはいかがでしょうか。

また、下記では、他にも100種類以上の野菜の育て方・栽培方法をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。