育て方|栽培方法

【簡単?コツは?】ヤマイモの育て方|栽培方法【決定版】

1.ヤマイモ栽培について

原産地は中国で、つるの茎の基部が肥大してイモになる、つる性の多年草です。

一般的にヤマイモと呼ばれるものはヤマノイモ、ダイジョ(大薯)、ジネンジョ(自然薯)で形も様々です。

ヤマノイモはイモの形によってさらに3つに分類されます。長さ60〜80cmで全国各地で栽培されている、ナガイモや徳利イモなどのナガイモ群、先端がイチョウの葉のように広がるイチョウイモ群、伊勢イモや加賀丸イモなど塊茎で暖地栽培に適したヤマトイモ群(ツクネイモ群)の3つです。

ダイジョは、塊状または柱状で、台湾ヤマイモなどのように暖地栽培に適しています。自然薯はイモが細長く、日本の山野に自生します。

2.ヤマイモの品種

ヤマイモの品種

・南部徳利イモ(ナガイモ群、なめらかな食感で、長いイモに育つ)

・ネバリイモ(ナガイモ群、育てやすく、粘り、キメが細かい)

・イチョウイモ(イチョウイモ群、粘りが強く、剥きやすく、下ろしやすい)

・新丹丸(ヤマトイモ群、粘り強い食感と、ほのかな甘み)

・加賀丸イモ(ヤマトイモ群、アクが少なく粘り強く、コクがある)

・丹波つくねイモ(ヤマトイモ群、肉質は純白できめ細かく、すりおろすと箸でつかめるほど粘りが強い)

・台湾ヤマイモ(ダイジョ、太くて短いイモが数本でき、育てやすく、掘りやすく、粘りが非常に強い)

・静岡農試60号自然薯(自然薯、育てやすく、粘りがあり、コクがある)

3.ヤマイモの育て方

土づくり

土壌への適応性は高いですが、質の良いイモに育てるためには、日当たりの良い場所を選びます。耕土が深く、排水の良い肥沃な土壌が理想的です。

植えつけの2週間前に苦土石灰を、1週間前に堆肥、有機配合肥料を施し、スコップなどでよく混ぜながら、深く(ナガイモは1m前後)耕し、幅40cm、高さ15〜20cmの畝を立てます。

種植え・植えつけ

ナガイモは4月上旬〜5月上旬、イチョウイモとヤマトイモは3月下旬〜4月中旬が植えつけ適期です。

株間30cm、深さ10cmの植え穴をあけ、種イモは根が出る頂部を上にして覆土が5〜7cmになるように植えつけます。切り分けた種イモを使うときは、よく乾かし、部位別に分けて植えると萌芽が揃い管理がしやすいです。

長く伸びるイモ類は、塩ビパイプや雨樋【あまどい】(屋根などで雨水を導く管)などを斜めに埋めて、その上にイモが成長するように栽培することもできます。

管理

追肥

6月下旬〜7月上旬に、緩行性肥料(10-10-10)60g/㎡を畝間に施します。

支柱立て

地這い栽培でも良いですが、風通しや日当たりを考えると、支柱でつるを上に伸ばした方が良いでしょう。

支柱は、イモができる場所を考えて、イモの肥大を妨げない場所に立てます。

収穫

ナガイモは寒さに強いので、晩秋から春にかけて徐々に収穫できます。

反対にイチョウイモ、ヤマトイモなどは霜に弱いので、降霜前に葉が全て黄色に変わってから収穫します。

4.ヤマイモのよくある生育不良・おもな病害虫

炭そ病は、茎葉に不定形の黒褐色の病班が生じます。

葉渋病は、葉では初め不定形の黄色がかった退緑斑が生じ、その後大きくなり、やがて白色の粉を生じます。

害虫はアザミウマ類、アブラムシ類、ハスモンヨトウ、ハダニ類、特にハダニは発見が遅れると防除が難しくなります。

5.まとめ

ヤマイモの育て方まとめ

①前作から3〜4年あけて連作障害を回避する。

②種イモの深植えは腐敗の原因となる。

③日当たりがよく、肥えた畑が望ましい。

④ナガイモは支柱を立て、つるを上へ伸ばす。

⑤ナガイモは折れやすいので掘るときは注意する。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。