仕立て方

【家庭菜園】ゴーヤのトンネル栽培【アーチパイプ】

ゴーヤのトンネル栽培|効果

ゴーヤのトンネル栽培

秋まで収穫が続くゴーヤに向いた立体栽培です。

支柱を合掌に組むこともできますが、アーチパイプはより丈夫で風害に強く、台風シーズンも安心です。

台風時は防虫ネットなどで覆えば、防風効果がアップします。

親づる、子づるの3本仕立てでも、基本の仕立てのように親づるを摘心し、子づるを2〜3本伸ばしても良いでしょう。

基本の仕立て方にならう場合は、子づるが15〜20cmになってから親づるを摘心するのがポイントです。

子づるの発生を確認してから親づるを摘心するので、元気のよい子づるを選びやすくなります。

トンネル栽培|効果まとめ

○立体栽培なので日当たりと風通しがよくなる

○地這い栽培より狭い面積でコンパクトに育てられる

○アーチ形は荷重に強いので、ゴーヤのツルをしっかり支えられる

○子づるの発生を確認してから親づるを摘心するので失敗がない

ゴーヤのトンネル栽培|方法

①アーチパイプを立ててネットを張る

ゴーヤとアーチパイプ

つるが伸びてきたらアーチパイプを立てます。

天井や両サイドに支柱を渡してアーチ同士をつないで補強し、園芸用のネットを張ります。

生分解性ネットなら片付けやすいです。

②畝の南側に寄せて植える

ゴーヤを南側に植える

日当たりを考慮して、畝を東西方向に立てます。

アーチパイプに誘引しやすいように畝の端の方へ植えつけます。

③親づる1本、子づる2本に整理する

ゴーヤの子づる2〜3本仕立て

親づると、元気のよい子づる2本に整理します。

株元に近い子づるに実をならせると地面についてしまうので、6〜7節より上のツルを伸ばし、5節目までのわき芽を全てかき取ります。

④ツルを広げて誘引する

ゴーヤのネット誘引

ツルが均等に広がるように、初めのうちはネットにツルを誘引します。

巻きひげが絡んではいあがっていくので、以降は誘引は不要です。つるは放任しましょう。

⑤果実をアーチの内側に垂らす

ゴーヤ栽培について

果実が肥大し始めたら、パイプの内側に垂れるように誘引すると、果実の日焼けの予防になり、収穫時期もわかりやすくなります。

⑥収穫

ゴーヤの収穫

アーチパイプの中に入って作業できるので、着果状態が確認しやすく、収穫作業も楽です。

おわりに

この記事では、ゴーヤのトンネル栽培について紹介しました。

下記では、他にもゴーヤの育て方や仕立て方をまとめていますのでコチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。