仕立て方

ピーマン・シシトウ・トウガラシ基本の仕立て方【決定版】

ピーマン・シシトウ・トウガラシの仕立て方|概要

ピーマンの仕立て方

3種類ともナス科トウガラシ属の野菜です。

暑さに強くて実のつきが良いのが特徴です。

整枝をしなくても40〜50個程度取ることができますが、整枝をすれば100個以上の収穫も難しくありません。

本葉1枚ごとに花がつく性質があり、同じナス科のトマトが本葉3枚ごと、ナスが本葉2枚ごとに花がつくのに比べると、開花の効率の良さは群を抜きます。

さらに、花がつくたびに同じ節から2〜3本の枝が分枝するので、花の数に比例して枝が増えていきます。

主枝と側枝2本の3本仕立てにするのが基本ですが、生育を見ながら、日の当たらない内側の枝や弱い枝を適宜剪定して草姿を整えます。

定期的な追肥と水やりで、晩秋まで長く楽しめます。

しかし、長期収穫でも株疲れをさせないように、地中深くに遅効性の元肥を施すのがポイントです。

保温・保湿のために黒マルチを張るのもオススメです。

ピーマンは必ず仮支柱を立てましょう。ピーマンの枝は曲がりやすいので、植えたら仮支柱を立て、8の字に緩めに結びます。

ピーマン・シシトウ・トウガラシの仕立て方|方法

①一番花の下のわき芽を2本残す

ピーマンの花

1番花の下のわき芽の中から元気の良いものを2本選んで伸ばし、主枝と側枝2本の合計3本に整枝します。

側枝の下のわき芽は全て摘み取りましょう。

一度摘んだところからわき芽がまた出てくるので、その都度摘み取ります。

②支柱を立ててこまめに誘引する

ピーマンの誘引

草丈が伸びたら仮支柱を外し、根元の株から10cm程度離れた所に本支柱を立てて誘引します。

枝が折れやすいので、こまめに誘引し直します。

強度を高めたい場合は、本支柱の他にもう2本、1番花の下で交差するように立て、3本の枝それぞれに誘引させても良いです。

③一番果は若どりする

ピーマンの一番果

一番果はひと回小ぶりのうちに収穫し、養分を株の成長に回します。

花のうちに摘み取っても良いです。

④摘心はせず、混み合った枝を切る

ピーマンの混み合った枝を切る

3本に整枝後は放任します。

茎葉が茂ってきたら、混み合った枝や細長い枝を適宜剪定します。

⑤3〜4週間おきに追肥する

ピーマンの追肥

収穫が始まったら、3〜4週間おきに追肥します。

秋まで長くとれるので、肥料切れにさせないようにします。

乾燥が続く時は、たっぷりと水やりします。

⑥収穫

ピーマンの収穫

2番果以降は、品種相応のサイズに育ったら収穫します。

ピーマン、シシトウは開花から15〜20日たったら緑色のうちに収穫します。

トウガラシは未熟果から完熟果までいつでも収穫できます。

ただし、トウガラシのうち、果実がまとまってつく「八房(やつふさ)」などは整枝不要です。

植えつけ後、放任して良いです。

仕立て方まとめ

○主枝と、1番果の下のわき芽2本の3本に仕立てる

○1番果は若どりし、株の充実を図る植えつけの1カ月後から、3〜4週間ごとに追肥する

○ピーマン、シシトウは開花から15〜20日で収穫する

○トウガラシは未熟果から完熟果まで、いつでも収穫できる

おわりに

この記事では、ピーマンの基本的な仕立て方について紹介しました。

下記では、ピーマンの基本的な育て方やよくある生育不良などをまとめていますのでコチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。