生育不良|病害虫

ゴーヤ(ニガウリ)のよくある生育不良|おもな病害虫|よくある質問

1.ゴーヤ(ニガウリ)のよくある生育不良

うまく発芽しない

ゴーヤの発芽

ゴーヤは発芽適温が25℃〜30℃と高温なので、4月中はポットまきにした方が良いです。

ポットまきは温度管理がしやすく、暖かいところに置けるので育苗にオススメです。

直まきをするのであれば暖かくなった5月ごろからおこないましょう。

また、種を一昼夜水に浸してからまくと発芽しやすくなります。

created by Rinker
第一ビニール
¥172 (2021/10/26 17:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

他のウリ科の野菜と比べてゴーヤは発芽までに時間がかかり、10日ほどかかります。

花は咲くが大きくならない

ゴーヤの花は咲くが実がつかない

雌花がつくのは夏至以降です。それ以前は雄花ばかりができて実がつきません。

その前にできるだけ株を大きくしておくことが、雌花の開花ラッシュに備えた対策です。

また、夏至以降であるならば、受粉がうまくおこなわれていない可能性があります。

その場合は、人工授粉をしてあげましょう。

晴れた日の午前中に、雄花を取り、雌花に花粉を擦りつけてあげると良いです。

オレンジ色になった

オレンジ色のゴーヤ

ゴーヤは熟すとオレンジ色になって果実が割れていきます。

そのため野菜のとしての利用には適しません。オレンジ色になる前に収穫するように心がけましょう。

ただし、種のまわりの赤いゼリー状の部分はほの甘く、東南アジアの一部ではおやつとして食べられるところもあります。

2.ゴーヤ(ニガウリ)のおもな病害虫

葉が縮れる(アブラムシ)

アブラムシ

縮れている葉があったら、葉の裏をめくってアブラムシが発生していないか確かめましょう。

発生している時は、アディオン乳剤などの農薬散布をして防除しましょう。

created by Rinker
Sumitomo Chemical
¥1,978 (2021/10/26 23:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

3.ゴーヤ(ニガウリ)のよくある質問

摘心は必要ですか?

ゴーヤの整枝・摘心

ウリ科の野菜は、主枝に比べて側枝の方が、つるの根元に近い位置に実がつき始めるので、主枝を摘心して側枝を伸ばした方が、早く実がつくことになります。

10枚くらいで主枝を摘心して側枝を5〜6本伸ばすと、より早く収穫できます。

グリーンカーテンとして栽培する場合は、摘心しないで主枝を伸ばします。

葉5〜6枚目くらいまでの下の方から伸びるわき芽は取り除いて、主枝がより伸びるようにします。

片付けのコツは?

ゴーヤの追肥

9月頃になると、実が小さく曲がったものが多くなり、栽培も終わりに近づいていきます。

先に根だけを抜いておき、枯れてから片付けると作業が楽になります。

その時、根を観察し、根コブの被害をチェックして翌年の参考にしましょう。

もし、翌年も同じ植えつけ場所であるなら、根コブ線虫対策が必要です。

4.おわりに

この記事では、ゴーヤのよくある生育不良や病害虫について紹介しました。

下記では、他にもゴーヤの育て方や仕立て方についてまとめていますのでコチラもぜひ参考にしてください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。