自然農薬

酢を使ってうどんこ病を予防する|自然農薬の作り方と使い方【決定版】

1.ニンニクの酢漬け|効果

ニンニクの酢漬け

ニンニクの臭いの成分は、アリシンと呼ばれる硫黄化合物です。

酢や木酢液にニンニクを漬け込んでアリシンを抽出し、その強烈な臭いで害虫を遠ざけます。

また、アリシンには強い殺菌作用があるので、ニンニクの酢漬けを使用すると、うどんこ病ベト病などの病気予防に役立ちます。

密閉容器の中に、ニンニク2〜3片をすりおろしたものを入れ、酢または木酢液を注ぎ、冷暗所に約2ヶ月置けば、目にしみるような刺激的な自然農薬ができあがります。

使うときは、水で約500倍に薄めて野菜にスプレーします。

トウガラシの酢漬けトウガラシの焼酎漬けも作ってストックしてあるなら、混合するとさらに強力な害虫忌避剤になります。

・すりおろして酢に漬けて2ヶ月

・強烈な臭いで害虫を避ける

・うどんこ病やベト病の予防になる

2.ニンニクの酢漬け|作り方

【準備物】

ニンニク‥‥2〜3片

酢、または木酢液‥‥250ml

すりおろしき、密閉容器

created by Rinker
日野薬品工業
¥658 (2021/10/26 15:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

①ニンニクをすりおろす

ニンニクをすりおろす

フタ付きの容器に、ニンニク2〜3片をすりおろして、汁ごと入れます。

ペットボトルでも良いです。

肌の弱い人は、台所用手袋を着用します。

②酢を注ぐ

ニンニクに穀物酢を加える

酢は、穀物酢、果実酢などを利用します。

合成酢は使いません。木酢液を利用するのもオススメです。

酢を注いで栓をしましょう。

3.ニンニクの酢漬け|使い方

自然農薬を吹きかける

密閉容器に入れて2ヶ月たてば使えるようになります。

ニンニクのカスをガーゼでこし取って、約500倍に水で薄めて野菜にスプレーします。

500mlの水に1mlを加えると500倍希釈液になります。

さらにトウガラシの酢漬け1mlを加えて混合液をつくるのもオススメです。

週に2〜3回のペースで利用すると効果的です。

ゴム手袋、マスク、ゴーグル着用がオススメです。

おわりに

今回は、ニンニクの酢漬けの効果と作り方、使い方について紹介しました。

下記には、他にも20種以上の自然農薬をまとめていますのでこちらも参考にしてください

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。