よくある質問

ナス栽培のコツ|摘果、更新剪定、台風対策、肥料のオススメなど

1.ナスの第一果を摘果するのははなぜ?

ナスの一番果

ナスは栽培が比較的長期になるので、それに耐える体力を生育初期につける必要があります。

定植して1ヶ月程度で果実がなり始めますが、生育初期の果実を大きくすると、株への負担が大きくなり草勢が衰え、栽培の途中で息切れ状態なってしまいます。

そのため、生育初期の果実、特に第1果は小さいうちに収穫して株の負荷を減らします。

長卵形のナスで第1果は長さ6〜7cm、70g程度で収穫するとよいでしょう。

収穫が本格化しても、100g程度の幼果を若取りし、絶対に大きくしないことです。

大きくしすぎると草勢が衰え、花が咲いても落ちてしまいます。

若取りを何度か続けると落花が少なくなり、収量アップに繋がります。

株の負荷を減らし、長く草勢を保ちましょう

2.どんな肥料が良いか?

ナスの肥料

ナスなどの長期に管理をしながら収穫する野菜は、有機物が配合された肥料をオススメします。

有機物は徐々に分解されながら、肥料としてゆっくり長く効くので果菜類には適しています。

また、有機物が分解されるとき、微生物も増えるので、病気を引き起こす土壌中の菌と拮抗して、土壌病害を抑える効果も期待されます。

created by Rinker
サンアンドホープ
¥332 (2021/09/17 14:44:06時点 Amazon調べ-詳細)

肥料切れを起こして、早く追肥の効果を得たい場合は、化成肥料での追肥をオススメします。

化成肥料は、すぐに根が吸収できる肥料成分を土壌に入れることができるので、早く肥料を効かすことができます。

化成肥料には、鉢植え用の肥料で、ゆっくり効くタイプもあるので、肥料袋などの表示を読んで、適切な使い方をしましょう。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥789 (2021/09/18 06:09:23時点 Amazon調べ-詳細)

もし、「追肥などの肥料が面倒だ」「肥料をあげずにうまく育てたい」という方は落ち葉床植えをおこなうのも良いですね。落ち葉床植えをすれば、肥料を施さずに長くナスを収穫することができます。

基本は有機物が配合された肥料でゆっくりと効かせていく

3.台風対策は?

台風対策

夏から秋にかけて、台風が来て強い風が吹くことがあります。

ナスの周りに防風ネットを張ることができれば理想的ですが、なかなか難しいかもしれません。

風で、ナスの実は傷つき枝葉も傷みます。

台風が近づいたら誘引固定をしっかりして、ナスが傷つく前に少し小さめの実も収穫してしまいましょう。

台風が過ぎて風が落ち着いても、傷ついたところから病気の菌が侵入することがあるので、殺菌剤をまいておくと病気予防効果が期待できます。

誘引固定などで、強風のダメージを最小にしましょう。

4.高温乾燥時の時はどうする?

高温乾燥時のナス

梅雨明けしてからの高温乾燥時は、水やりをしっかりおこないましょう。

また、根元の地面に稲ワラなどを敷くと、土の乾燥を防ぐ効果があります。

稲ワラが手にれにくい場合は、トウモロコシの収穫が終わった茎や葉を敷いても良いでしょう。

乾燥防止にゴザ、麦ワラなども利用できます。

株元の乾燥防止や水やりを心がけましょう

5.更新剪定をするタイミングは?

ナスの更新剪定

梅雨明けするとアブラムシダニで葉が黄色くなり、花が咲かなくなることがあります。

このようなときは、思い切って更新剪定をすることで、新しい芽が伸び、秋ナスを収穫することができます。

もし、もうすでに生育不良が起こってしまっている場合は、「ナスのよくある生育不良|おもな病害虫」を参考にしてください。

樹の状態が良いときはそのままで秋まで管理して、更新剪定をする必要がありません。

更新剪定は、8月上旬頃までにおこないましょう

6.ナスはどうして3本仕立てにするのか?

ナスの本支柱立て

ナスは茎が灌木のようになり、根も太くよく張ります。

強健性なため長期に栽培されることが多く、整枝方法が色々と編み出されています。

花房のつき方は2葉ごとに1花房です。ちなみにトマトは3葉ごとに1花房です。花房辺りの果数はほとんど1果です。

さらに、肥大途中の小さな未熟果を収穫するので、1葉あたりの事実負荷はトマトより軽く、トマトの1本仕立てに対して、3本仕立てがおこなわれます。

より長期に栽培する場合は、2〜4本仕立て、誘引と整枝、摘心、切り戻しなどで、草勢を衰えさせることなく収穫できるようにします。

春からの露池栽培など、栽培期間が比較的短い場合は強い整枝はおこなわず、主枝3本を仕立て、混み合った枝を果実の収穫の後に適宜切り戻すだけで十分です。

果実負荷に見合った葉数の確保と草勢維持に適している

7.片付けのタイミングは?

ナスにかさぶたができる

秋になり温度が下がってくると、ナスの実の成長も遅くなってきます。

割れているのが多くなったり堅いまま大きくならないようになってきたら収穫終了の時期です。

ナスの樹を片付けるときは、根を観察して、根コブ線虫の被害があるかなどを確認して、来年の作付けの参考にします。

ナスを片付けた後作は、小松菜ほうれん草を栽培できます。

10月の中旬ごろに種をまくと12月に収穫できます。

片付けと、種まきのタイミングが遅くならないように注意しましょう。

実の成長が遅くなってきたら終了です

おわりに

この記事では、ナス栽培のコツについて紹介しました。

下記では、他にもナス栽培に関する記事をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。