テクニック

ゴボウの育て方|袋栽培|その方法と収穫

袋栽培

効果

ゴボウの袋栽培

ゴボウの根は地中深く伸びるため、収穫の際も土を深く掘る必要があり、家庭菜園はややハードルの高い野菜です。

そこでオススメなのが、野菜用培養土の袋を使った「袋栽培」です。

袋栽培なら、培養土をそのまま使って栽培することができ、収穫は袋を破るだけなので、手軽に栽培することができます。

根の長さが40〜60cmのミニゴボウで挑戦しましょう。

created by Rinker
タキイ種苗
¥638 (2021/07/29 18:19:19時点 Amazon調べ-詳細)

方法(植え方)

ゴボウの袋栽培

40ℓ程度の野菜用培養土を用意し、袋ごと日の当たる畑の隅などにセットしましょう。

太さ2cm程度の支柱を袋のまわりにさして固定します。

次に、底や側面用の下部(5〜10cmの高さ)に、目打ちなどで排水用の穴をあけます。

ぐるりと一周、15〜20箇所程度を等間隔にあけ、最後に上部をハサミで切って開けます。

種は殻が堅くて発芽しにくいため、水に一昼夜つける「芽出し」をしておきます。

好光性種子のため、まき穴は7〜8mmにし、7〜8cm間隔で3〜4粒ずつ、9箇所に種をまきましょう。

その際、袋の中の培養土が乾いていたら、事前に土に水やりとともにタネが潜ってしまうため、発芽しにくくなります。

その後は本葉4〜5枚の頃までに1本立ちにし、以後は2週間おきに、水で薄めた液体肥料を追肥します。

葉が黄色くなってきたころがとりごろです。

おわりに

この記事では、ゴボウの袋栽培について紹介しました。

ゴボウの基本的な育て方やゴボウ栽培のよくある質問などゴボウ栽培については下記にもありますので、ぜひコチラも参考にしてください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。