育て方|栽培方法

アスパラガスの基本の育て方・栽培方法|越冬、株分けなど

1.アスパラガスの栽培について

アスパラガス栽培について

アスパラガスは雄株と雌株が混在した雌雄異株(しゆういしゅ)の多年草です。

食用にする部分は若い茎で、雌株は夏に小さな花を咲かせます。

種苗店などで、春に萌芽前の株を購入すると早く収穫できますが、種から栽培する場合は2ヶ月ほど育苗して植えつけます。

本格的な収穫は3年目ごろで、4年目になると最盛期になります。

以後しばらくは収穫量が安定し、一度植えつけると5年から10年以上収穫できます。

管理も追肥をする程度で手間いらずです。

寒さに強く、生育適温は18℃で冷涼なところを好みます。

日本ではおもに北海道や東北の高冷地で栽培されることが多いです。

雪の中でも越冬することができます。

2.アスパラガスの品種

アスパラガスの品種について

地上部に伸びた緑の若茎(じゃっけい)を収穫するグリーンアスパラガスと、地中の白い若茎を収穫するホワイトアスパラガスがあります。

ホワイトアスパラガスは芽が土中から出るときに盛り土をして、光を遮って白く育てたものです。

手間がかかるので、家庭菜園では、グリーンアスパラを使うのが一般的です。

アスパラガスの品種

ウェルカム(緑色の太茎で食味良好)

パープルタワー(紫色の茎がユニークでゆでると緑色になる)

メリーワシントン(戦後に導入された代表的な品種)

3.アスパラガスの栽培方法

土作り

土づくり2

酸性土壌に弱く、根が深く伸びるので、水はけと日当たり、通気性がよく、肥沃な土を選びましょう。

気象条件としては、温暖な気候が好ましく、生育適温は12℃〜25℃です。

ただ寒さには強く、半日陰でもよく成長し、むしろ強い日光は好まないです。

植えつけの2週間前に苦土石灰をまいて、土壌の酸度を調整する必要があります。

土壌の適正酸度はpH6.0〜7.0です。

1週間前には、完熟堆肥と化成肥料をまいて深く耕し、畝は幅1m、高さ10cmで1条植えです。

定植すると、7〜10年は同じ場所で栽培していくことになるので、移動しなくてよい場所を選びましょう。

created by Rinker
サンアンドホープ
¥1,027 (2021/10/26 23:57:50時点 Amazon調べ-詳細)

種まき・植えつけ

アスパラガスの植えつけ

春は3月中旬〜4月中旬、秋は10月中旬〜11月下旬が適期です。

畝の真ん中に40cm間隔で、植え穴を掘ります。

穴にたっぷりと水を注ぎ入れ、土を柔らかくします。

水が引いたら苗を植えつけましょう。

株元まで植え穴の隙間を埋めるように覆土をして、軽く指先で押さえて安定させましょう。

管理

アスパラガスの追肥・土寄せ・トンネルがけ

1回目の追肥・土寄せ

植えつけの1ヶ月後、株元に化成肥料(8-8-8)30g/㎡を追肥し、畝の両側から土を寄せます。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥789 (2021/10/27 10:55:49時点 Amazon調べ-詳細)

2回目の追肥・土寄せ

1回目から1ヶ月ほど経った頃、1回目と同じやり方で追肥と土寄せをおこないます。

支柱立て・トンネルがけ

毎年、初夏になると茎葉が伸びてくるので、風で倒れないように支柱を立てます。

株を囲むように立て、株の高さに合わせてヒモを張りましょう。

大体20〜30cm間隔でヒモを張っていきます。

もしくはトンネルをかけて風で倒れないようにしましょう。

created by Rinker
日本マタイ
¥1,529 (2021/10/27 22:02:15時点 Amazon調べ-詳細)

越冬・株分け

アスパラガスの株分け

寒気が増して茎葉が枯れてきたら地際10cmくらいで刈り取ります。

(刈った茎はその場に残さず、必ず処分しましょう。)

それから株を隠すように堆肥や刈り草を敷いて防寒しましょう。

年数が経って株元の根が過密な場合は、株分けをして勢いを回復させてあげましょう。

収穫

アスパラガスの収穫

植えつけ後3年目くらいから収穫することができます。

4月下旬ごろ、茎の長さが20cm以上伸びて、茎の先端の蕾が開く前に、茎の太さに関係なく地際から刈り取って収穫します。

年数が経つにつれて、収穫期間が長くなります。

取りすぎると株の栄養が消耗して、翌年の収穫量が減ってしまいます。

4.アスパラガスのよくある生育不良|おもな病害虫

病気は比較的少ないですが、葉枯れ病などの重要な病害が発生する場合があります。

5.まとめ

アスパラガスの育て方まとめ

①日当たりと水はけのよい場所を確保します。

②酸性土壌に弱いのでpHをきちんと調整する。

③生育してきたら倒れないように支柱を立てる。

④気温30℃以上で病害虫が大きくなるので注意です。

⑤収穫時に数本残すと翌年の収穫量が増える。

最後に「栽培サイクルは?」「いつ頃から収穫?」「雄株と雌株の違いは?」などアスパラガスを上手に育てるコツをまとめています。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。