育て方|栽培方法

【簡単?コツは?】ピーマンの育て方|栽培方法

1.ピーマン栽培について

ピーマンの栽培について

トウガラシの仲間のうち、辛みのある種類をトウガラシ、辛みのない種類をピーマンと呼びます。

果菜の中でも高温性で暑さに強く病害虫も少ないので栽培は比較的容易です。

ただ、ナス科の連作による土壌病害を避けるため輪作に努め、栽培後3年以上はナス科野菜の休栽します。

2.ピーマンの品種について

ピーマンの品種

ピーマンの品種は、果実の大きさによって小果種、中果種、大果種に分かれます。

ピーマンの品種

伏見甘長(長形でよく揃い、辛みが少ない。小果種)

②翠進(細長く、鮮やかな緑色で生育旺盛。小果種)

ニューエース(中獅子形で平均果重40gのボリューム。中果種)

④京波(収穫量多く、耐病性に優れる。中果種)

⑤翠玉二号(丈夫で高温、乾燥に強く育てやすい。中果種)

⑥ワンダーベル(育てやすいベル形のパプリカ。大果種)

⑦ソニアミックス(果肉の厚いカラーピーマン。大果種)

3.ピーマンの栽培方法

土作り

ピーマンの土づくり

日当たりと水はけがよく、肥沃な土壌が適します。

ナス科の植物の連作は土壌の病害を起こすので、前作から3〜4年は空けましょう。

通気性のよい土を好みます。堆肥などの有機物を多く施しましょう。

植え付けの2〜3週間前に、苦土石灰を散布し土をよく耕します。

1〜2週間前に堆肥、化成肥料を深く耕します。

畝幅120cm高さ20cmにします。適正の土壌酸度は6.0〜6.5です。

ピーマンは、果菜類のうちでは最も高温性で、順調に育つためには17℃〜18℃以上の気温が必要です。早めの植え付けの場合は、ポリマルチをして地温をあげると良いです。

created by Rinker
朝日アグリア
¥654 (2021/10/27 04:27:32時点 Amazon調べ-詳細)

種植え・植えつけ

ピーマンの植えつけ

種まきから始めると、植えつけ適期の苗を育てるまでにおよそ約70日かかります。

市販の苗を購入して育てるのが無難です。

5月上旬〜中旬。ゴールデンウィークが終わった頃を目安に植えつけましょう。

寒冷地では5月下旬〜6月中旬、暖地は4月中旬〜5月上旬がそれぞれの植えつけの適期です。

株間45〜50cmの2条千鳥植えにします。

植えつけが終わったら、苗を安定させるために仮支柱を立てて誘引しましょう。

管理

支柱仕立て・誘引

ピーマンの支柱・誘引

一番果が着果し発育してくると、分枝が伸びてくるので、ナスと同様3本仕立てにして、下の枝は全て取り除きましょう。

本に仕立てる作業のとき、同時に本支柱を立ててしっかりと株を誘引し、倒伏し枝が折れるのを防ぎます。

支柱は高さ150cmほどで、畝から30cmの位置で株と結びつけて誘引します。

詳しくは下記にまとめてありますのでコチラも合わせてご覧ください。

整枝

ピーマンの整枝

生育とともに、枝が混んできたら重くなった枝などを選定します。

孫枝を選定し、葉の重なりを減らしましょう。

追肥

ピーマンの追肥

一番果の収穫が終わったら、1回目の追肥をします。

2回目以降は、草勢が衰えないうちに、畝の肩に施します。

2週間に1回おこないましょう。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥789 (2021/10/27 10:55:49時点 Amazon調べ-詳細)

収穫

ピーマンの収穫

開花から収穫までの日数はおよそ15日〜20日です。

着果量の多い場合は早めの収穫を心がけ、株が弱らないようにしましょう。

収穫が遅れると果皮が硬くなります。

完熟果や大果種は、開花後60日前後が収穫適期です。

4.よくある生育不良・おもな病害虫

ピーマンのよくある生育不良・病害虫については下記にまとめています。

5.まとめ

ピーマンの育て方

①株の活着を促すには5月連休以降に植え付ける。

②無理な早植えをしない。寒い場合はポリマルチで地温を高める。

③3本仕立てで風通しをよくします。

④株の生育を促すには1番果を早めに収穫します。(摘果)

⑤2週間ごとに追肥をして草勢を維持しましょう。

⑥連作は避けて5年はあける。

この記事では、ピーマンの基本的な育て方・栽培方法について紹介しました。

下記では、他にも100種類以上の野菜の育て方・栽培方法をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。