育て方|栽培方法

ラベンダーの育て方|栽培の方法

ラベンダーの育て方・栽培方法

ラベンダーは、花の美しさでとりわけ親しまれているハーブで、花から漂う方向にはリラックス効果があり、ブーケ、ドライフラワー、ティー、お菓子などに利用します。

この記事では、そんな「ラベンダーの育て方|栽培方法」についてまとめました。

ラベンダーについて

ラベンダー栽培について

ラベンダーは多年生の常緑低木で、冷涼な気候を好み、冬も楽に越すほど低温には強いです。

排水の良い、乾燥気味の土壌を好み、高温多湿が苦手なので、梅雨入りの頃に枝葉を短く切って蒸れを防ぎます。

平坦な低地では、特に夏の高温多湿時の水はけに留意しましょう。

種から育てると収穫までに2年近くかかるので、挿し木や挿し芽で増やすのが効率的です。

花が咲いたら、葉を数枚残して切り取ると、残した株からわき芽が伸びて、さらに生長します。

また、プランター栽培にも適しています。

ラベンダーの花の色は、紫のほか白、青、ピンクなどがあり、草姿は、立性、横に広がるタイプなどがあります。

created by Rinker
サカタのタネ
¥198 (2021/07/29 20:55:12時点 Amazon調べ-詳細)

苗づくり・畑の準備

ラベンダーの苗

市販されている株または茎葉を買い求め、先端7〜8cmの部分をきり、挿し芽をして増やします。

置き場所は直射日光を避けて、ガラス越しの光が当たる程度の日の当たりにします。

次に、畑の準備です。植えつけの2週間くらい前に元肥を入れて耕しておきましょう。

元肥の量は、畝の長さ1m当たり堆肥5〜6握り、油かす少量です。

多湿が苦手なので、低地は畝を高くして、排水をよくしましょう。

created by Rinker
日清ガーデンメイト
¥341 (2021/07/30 07:23:18時点 Amazon調べ-詳細)

植えつけ・管理・収穫

ラベンダーの収穫

苗の準備と畑の準備ができたらいよいよ植えつけです。

草丈10cm程度に育てた苗を株間30cmで植えつけます。

ラベンダーが開花期を過ぎて梅雨に入る頃には、茎の下の方の葉を4〜5枚残して上を切除し、蒸れを防いで再生力をつけましょう。

春先の収穫後に少量の肥料を株間にばらまきしょう。

収穫は6〜7月の開花期に、花穂をつけたまま茎葉を刈り取りましょう。精油を取ることもできます。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥781 (2021/07/29 23:12:22時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに

ラベンダー

ラベンダーは涼しい場所で陰干しにし、ハーブティーやドライフラワー、ポプリにして楽しめますよ。

この記事では、ラベンダーの育て方・栽培方法を紹介しました。

下記では、他にも100種類以上の野菜の育て方・栽培方法をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。