仕立て方

【家庭菜園】メロンの仕立て方|子づる2本仕立て【決定版】

メロンの子づる2本仕立て|概要

家庭菜園で比較的作りやすいのは、マクワウリとの交配で生まれた露地メロンです。

その中でも特に人気の高い、果実の表面にネットが張るタイプのメロンの仕立て方です。

メロンは高温で乾燥した環境を好むので、畝にポリマルチを敷いて地温を上げたうえで植えつけ、換気用の穴のあいたポリフィルムをトンネル状に掛けて保温し、初期生育をよくします。

仕立ての基本は、着果習性に沿った整枝です。雌花は子づるや孫づるの1節目につくので、親づるを摘心して子づるを伸ばします。

着果位までの孫づるの摘除、着果後の子づるや孫づるの管理を適切にします。

また、「遊びづる」を伸ばすことで、生長点が確保されるので、根の生育がよくなり、収穫まで草勢を維持することができます。

メロンの子づる2本仕立て|方法

栽培データ

畝(1条植え):畝幅60cm、株間90cm、畝の高さ10cm

資材:ポリマルチ、トンネル用フィルム、トンネル用支柱、敷きワラ

植えつけ時期:(一般地)5月上旬〜5月下旬、(寒冷地)5月下旬〜6月上旬、5月上旬〜5月中旬(温暖地)

①トンネル掛けで保温する

畝を立てる際は、深さ・幅ともに30cmほど耕します。また畝立て前にたっぷりと水をやりましょう。苗は、ポットごとに水につけ、根鉢に水を含ませて植えます。植えつけ後、ポリフィルムをトンネル状に掛けて保温します。

created by Rinker
日本マタイ
¥1,082 (2021/10/16 16:54:05時点 Amazon調べ-詳細)

②本葉4〜5枚で摘心する

本葉4〜5枚のときに親づるを摘心し、子づるを伸ばします。

③子づるを2本伸ばす

勢いが良くてそろいの良い子づるを2本伸ばし、他を切り取ります。

着果節までの孫づるを摘み取り、雌花の充実を促します。

④トンネル内を換気し、敷きワラをする

トンネル内につるが伸びていっぱいになってきたら、寒気のためにトンネルの裾を開けます。

ネットメロンは雨に当てない方が良いので、トンネルは開けたままにします。

同時に、株の下にワラを敷いてツルを広げます。

⑤子づるの摘心と孫づるの管理

各つるの11〜15節につく雌花に交配する予定で、つるを管理します。

交配の2〜3日前に、子づるの先端を25節前後で摘心し、着果節より下の孫づるを摘み取ります。

子づるの先端から伸びる孫づるの中から3本を選んで草勢を維持するための遊びづるとして残し、他はつけ根から摘み取ります。

⑥人工授粉

各つるの11〜15節に咲く雌花に連続して人工授粉し、着果させます。

授粉日を記したラベルを雌花の近くにつけます。着果節の孫づるは、開花前に2節で摘心します。

⑦摘果、追肥

定期的な追肥

第1果がピンポン玉大になったら、1つる2個、1株4個に摘果し、株のまわりか畝の肩に追肥します。

残すのは、やや丸みを帯びた楕円形のものです。球形のものは、果実が大きくならなかったり、空洞果になりやすいので摘果します。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥789 (2021/10/16 09:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

⑧収穫

交配日から数えて、品種に合った収穫時期を目安に収穫します。収穫直後は果肉がかたいので、常温で数日おいて追熟させ、尻部がやわらかくなってきたら食べごろです。

メロンの子づる2本仕立て|まとめ

○ポリマルチを敷いて植えつけ、トンネルを掛けて保温する

○本葉4〜5枚で摘心し、子づる2本に整枝する

○11〜15節に咲く雌花に人工授粉する

○鶏卵大の時に1つる2個に摘果する

おわりに

この記事では、メロンの基本的な仕立て方について紹介しました。

下記では、他にもメロン栽培についてまとめていますので、コチラもあわせて参考にしてください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。