よくある質問

【植えつけは?収穫の目安は?】アシタバ栽培のコツ

1.植えつけのポイント(コツ)は?

アシタバの植えつけ

アシタバは、一度植えれば数年は栽培できます。株がまだ生きているのであれば、地上部の枯れた茎葉を刈り取り、年内に一回、お礼肥として3〜4kg/㎡の堆肥をまいて、翌春まで様子を見てみましょう。

芽が出てきたらそのまま育て、出てこなければ、春先に改めてよい苗を購入して植え直しましょう。

created by Rinker
あかぎ園芸
¥280 (2021/07/29 14:06:59時点 Amazon調べ-詳細)

2.収穫の目安は?

アシタバの収穫

本葉が15枚くらいに増えてきたら、中心の若葉を折り取ります。完全に開ききる前の光沢のある葉が柔らかくて食べ頃です。

明日には葉が出てくるほど成長が早いことから、アシタバの名前がついたと言われていますが、実際には4〜5日ほどかかります。

3.越冬はできる?

アシタバは伊豆諸島に自生する野草ですが、ビタミンや鉄分を多く含む健康野菜として人気があります。

さらに、数年は収穫が続いて手間いらず、病害虫に強く、どんどん葉が伸びるところも人気の一因です。

温暖な地域以外は、冬季は地上部が枯れてきますが、地下部は生きているので、敷きワラや堆肥をかける程度の軽い防寒で越冬します。春には新葉が伸びてきます。

4.アシタバを増やすには?

種をまいて増やします。アシタバは自家採種できるので、種を保存してまきます。

適期は春と秋です。株分けで増やすこともできます。春先に株を掘り上げて新芽と根をつけて分割し、株間を50cmくらい広くとって植えつけます。

5.茎を切ると出る黄色い汁は?

黄色い汁に含まれるカルコンという物質には、抗酸化作用があります。抗菌作用が高く、ガンや潰瘍、血栓を予防する働きがあります。

生育不良や病気ではありません。

おわりに

この記事では、アシタバの様々な栽培のコツについてまとめました。

下記では、アシタバ栽培の基本をまとめていますのでコチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。