テクニック

スイスチャードの栽培のコツ|種まきの注意点や収穫について

種まきから収穫までの基本的な育て方は下記にまとめてあるのでこちらも参考にしてください。

1.種まきの注意点は?

スイスチャードはカラフルな葉柄が注目される野菜で、「フダンソウ」「フダンナ」とも呼ばれます。

テンサイやテーブルビートと同じアカザ科の仲間です。

テーブルビートは主に根を食べますが、葉を食用とするビートがスイスチャードです。

スイスチャードの種として販売されているものは、実は果実であり、1個の塊に数個の種が一緒に入っているので、発芽すると1ヶ所から複数の芽が出てきます。

大きい塊は、間隔を1cmくらいに広げ全体的に薄まきにします。

また、タネの表皮には水溶性の発芽抑制物質が含まれるので、種をまく前に2〜3時間ほど水に浸すと発芽率が上がります。

ただし、長時間の浸水は酸素不足となり、発芽が悪くなるので注意しましょう。

2.発芽が揃わない

暑さや病害虫に強く、作りやすいスイスチャードですが、酸性土壌で生育が悪いのが唯一の欠点です。

特に土壌酸度がpH5.5以下だと発芽不良を起こします。

したがって、石灰を多めに施した土づくりをし、土壌酸度を6.5〜7.0に調整します。

created by Rinker
日清
¥897 (2021/07/29 23:12:35時点 Amazon調べ-詳細)

3.かき取り収穫は?

外葉をかき取りながら大きく育てる収穫法もオススメです。

種は30cm間隔の点まきにして、2回の間引きで1本にします。

草丈が30〜40cmくらいになって、葉のつけ根(葉柄基部)が大きく太ってきたら、外葉からかき取ります。

上手に育てると、茎の直径5〜7cmくらい、草丈50〜60cmの大株に成長し、11月まで収穫が続きます。

追肥は1本立ちにした時と、株の勢いをみながら適宜行うことをオススメします。

おわりに

この記事では、スイスチャードの栽培のコツについて紹介しました。

下記では、他にも100種類以上の野菜の育て方・栽培方法をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。