テクニック

長ネギの上手な育て方(植え方)|深植え|3〜5本斜め植え

1.深植え

長ネギの深植え

効果

長ネギは、生長に合わせ土寄せをして、軟白部分を長くします。

しかし、土寄せを繰り返すと畝が次第に高くなり、後半の土寄せには多大な労力がかかります。

そこで、植えつけの際に植え溝を深く掘ることで、土寄せの労力を軽減させます。

ただし、長ネギは多湿が苦手なので、水はけの悪い畑ではなく、水はけの砂質土で行いましょう。

長ネギは乾燥と高温には弱く、夏に乾燥すると生育が悪くなります。

深植えでは、根が地中の深い部分にあるため乾燥しにくく、夏の乾燥被害を軽減できます。

植え方

植え溝は、普通栽培の2倍程度である30cm前後まで深く掘ります。

苗は普通栽培と同じように準備し、根も半分程度まで切りますが、葉は切りません。

そして、植えつけの際は、葉の分岐部は土から出るように、株元の部分に土をかけます。

また、畑の周囲には、雨水が流れ込まないように、深さ30cmの溝を掘っておきます。

茎葉が伸長したら、葉の分岐部にかからないよう、溝を埋めるように土をかけます。

その際、普通栽培と同じようにワラを敷き、追肥を行い、これを生長に応じて3〜4回程度繰り返します。

深植えでは、軟白部分が地中の深い位置にあります。

収穫時にスコップなどで傷つきやすいため、確認しながら丁寧に掘り上げます。

2.3〜5本斜め植え 

長ネギの斜め植え

効果

長ネギは、集団で植えられることを好み、1本で育てるより、草勢が強くなります。

また、互いの葉鞘(白い部分)が触れ合うように生育させると、柔らかくなり、高品質のネギが収穫できます。

長ネギは、1本ずつ離して植えられると、強く展葉するため、葉の老化が進み、葉につながった葉鞘はかたく筋っぽくなります。

一方、集団で植えられていると、土の中で軟化します。

植え方

苗は、普通栽培と同じように準備します。

畑は、植えつけの3週間以上前に、完熟堆肥と有機質肥料を施して耕します。

植え溝の深さは20cmとし、苗が斜めになるよう、30度程度の傾斜をつけます。

苗は株間15〜20cmで、根と葉を半分程度切って、3〜5本を1箇所にまとめて、溝に寝かせるように斜めに植えつけます。

土寄せは、普通栽培と同じように、茎葉の伸長と合わせ3〜4回に分け、葉の分岐部にかからないように行います。

収穫の際は利用分だけを掘り上げ、隣の集団の軟白部分を傷つけないように注意します。

11月中旬以降は一斉に掘り上げ、20cm程度掘り下げた穴に寄せ植えすると、春先まで柔らかいまま利用できます。

おわりに

この記事では、ネギの上手な育て方について【深植え】と【斜め植え】を紹介しました。

他にも下記にはネギ栽培に関してまとめていますのであわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。