テクニック

【二回目の収穫で二度美味しい】キャベツの二度取りその方法

キャベツは多年草です。なので、キャベツを収穫した後にその株を残しておけば新たにわき芽が大きくなって結球します。

せっかく育てて収穫するキャベツですから、どうせなら二度目の収穫をしたいですよね。

この記事では、大きく結球したキャベツを一回収穫して終わりにせず二度収穫する「キャベツの二度取り(にどどり)」の方法について紹介していきます。

二度取りのための品種選び

早生キャベツ

秋に収穫したキャベツから、春にもう一度収穫する「二度どり(にどどり)」の品種選びでは、

一度目の収穫が寒い時期になると、その後の低温でわき芽の生長が見込めないので、収穫時期が遅い晩生種では難しいです。

品種は夏に種まきができて、秋に一度目の収穫を終えることができる「極早生」「早生」「中生」の品種を選びましょう。

「極早生」の品種は株ごとにばらつきは少なく、春キャベツのような食感。

「中生」の品種は株ごとのばらつきは多少ありますが、冬キャベツのようにしっかりと結球し、重量感があります。

なので、失敗のリスクが一番少ないのは「極早生」になりますね。

二度取りのための管理

土寄せと追肥

下葉のつけ根に見えるわき芽を大きく育てるため、一度目の収穫後に追肥、土寄せをおこないましょう。

低温期は肥料の効きが遅くなるので、即効性のある化成肥料を施しましょう。

その後、多くのわき芽が出てきますので、しっかりした大きなものだけを残して、他はすべてかきとりましょう。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥840 (2021/07/28 23:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

二度取りの収穫

キャベツの二度どり

一度目の収穫と比べると二度目の収穫は緩やかで小ぶりなものにはなります。

しかし、かき取ったわき芽も食べられるし、二度目の収穫後もそのまま株を残しておくとトウ立ち菜も味わえることができ、三度美味しいですよ。

二度取り(にどどり)は空きがちな冬の畑を有効活用できるテクニックです。

一度挑戦してみてください!!

キャベツ栽培について

キャベツ栽培についての基本についてはこちらを参考にしてください。

また、キャベツ栽培のコツとして下記で根切りについてまとめています。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。