基礎知識

家庭菜園の暑さ対策とは?その3つの工夫【保存版】

猛暑が続くと、野菜も夏バテを起こし、高温、乾燥、直射日光などが原因で生育が鈍り、病害虫が発生することもあります。

この記事では、家庭菜園の暑さ対策について3つの観点から解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

暑さ対策の大切さ

猛暑日

猛暑日と言われる気温35℃の日は、畑の地温は40℃以上になることもあります。

この温度は、ほとんどの野菜には暑すぎで、水分の蒸散が著しく、葉が焼けたり、ぐったりとしおれたりします。

弱った株に病気や害虫が忍び寄り、さらにダメージを与えるという悪循環に陥ります。

人間も暑い中で畑仕事してたら熱中症になりますよね。

人間の暑さ対策は水分をとったり、こまめに休憩するのが大切ですが、

野菜の暑さ対策としては、大まかに次の3つを行うことで、暑さを乗り切ります。

家庭菜園の暑さ対策

①栽培計画の工夫‥種まき、植えつけの前から勝負は始まっている!

②作物管理の工夫‥野菜の基礎体力を高めて、暑さに強い野菜作りを目指す!

③資材の工夫‥資材の活用で、避暑、水分保持などの効果を上げる!

【工夫①】栽培計画の工夫

サトイモとショウガの混植

暑さ対策は、種まき時、植えつけ時の工夫が1つのポイントです。

暑さに強い野菜や品種を選んで栽培しましょう。

ダイコン、ハクサイやキャベツなどの葉菜類は、耐暑性があることをアピールした品種を各社が販売しています。

また、直まきではなく、育苗して日陰への移動を可能にすることも一つの工夫です。

さらに草丈が高くなる野菜の陰に植えて、日ざしを遮るのも良いでしょう。

完全に日陰になるわけではないので、日照不足の心配はありません。

【工夫②】作物管理の工夫

水やり

暑さと日ざしで弱っている野菜に、更なるダメージを与えることは極力避けたいもの。

水も与え方によってはダメージとなるもので要注意。

水やりのタイミングとして適切なのは、晴天が続いて土の表面が白っぽく乾燥してきたときです。

1回の水やりは、水をあげた後に土を手で握って指で押すと3つに分かれるくらいの水量がベストです。

また、直接葉にかけると負担になることもあるので、勢いが強すぎない水を株元にかけましょう。

あとは、摘果・摘葉などで風通しをよくしたり、根を深く張らせることですね。

【工夫③】資材の工夫

遮光ネット

育てている野菜を見て、元気のなさが見てわかるようでは、野菜の相当のダメージを受けているはずです。

暑さにぐったりした野菜の応急処置としてすぐにできるのは、日光を遮ることです。

 

シルバーの遮光ネット白の寒冷紗が効果があります。

寒冷紗は裾を土に埋めて密閉すれば、虫害防止も役立ちます。

表と裏の色が違うダブルマルチは、表の白色が光を反射し、裏の黒色が透過光線を抑えて地温を下げるので便利です。

created by Rinker
ダイオ化成(Daio Kasei)
¥1,909 (2021/09/17 13:19:45時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに

夏野菜(キュウリ)の収穫

野菜のことだけでなく、気候や土のことなど周囲のことも考えることができるようになれば、野菜づくり中級者と言っていいですね。

暑さ対策だけでなく、あわせて同じ時期に発生する「台風」の対策も併せておこなっておきましょう。

下記では、野菜づくりにおける台風対策について7つの工夫をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。