育て方|栽培方法

ホースラディッシュ(畑ワサビダイコン・ワサビ)の育て方|栽培方法

ホースラディッシュの育て方・栽培方法

ホースラディッシュは辛みと特有の香りで、ワサビの代用にされることからワサビダイコン、畑で栽培されることから畑ワサビの別名があります。

この記事では、ホースラディッシュの育て方・栽培方法についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ホースラディッシュ (畑ワサビ)について

ホースラディッシュ栽培について

ホースラディッシュはすり下ろした時の白さが大切です。

収穫後時間が経つと根皮が乾いて褐色になり、価値が半減するので、とりたてのものを食べられる自家栽培は重要です。

ホースラディッシュは種子はほとんど取れないので、春に根を掘り起こし、分割して植えつけます。

寒さに強くて、株はどこまでもよく越冬し、夏の暑さにも耐えます。

ホースラディッシュ栽培の目安

露地栽培1年目:植えつけ4月下旬、収穫11月〜4月下旬

露地栽培2年目:収穫10月〜4月下旬

ホースラディッシュはやや湿気の多い土地に弱いですが、良品を作るには追肥乾燥防止などの管理が欠かせません。

根から根出葉を出して、株の周辺一面に広がるので、2年に1回くらい整理して植え直さないと、太くて良い根が得られません。

ホースラディッシュは葉の形が違ういくつかの系統がありますが、品種としての分化は見られません。

種根の準備、畑の準備、植えつけ

ホースラディッシュの植えつけ

春に掘り上げてそのまま種根にします。

寒冷地では、秋に掘り上げた根を土中深く埋めておき、春に取り出して種根にします。

初めての栽培では、市販のホースラディッシュを3〜4cmの長さに切って使っても良いです。

次に畑の準備をおこないます。植えつけの1ヶ月くらい前に石灰元肥をばらまき、深く耕しておきます。

石灰と元肥の量は、1㎡当たり、石灰大さじ3杯、堆肥5〜6握り、化成肥料大さじ3杯程度です。

植えつけは、種根を斜めにして、5cmほどの深さまでさします。

その後、種根の上に5〜6cm覆土し、軽くクワで押さえておきます。

created by Rinker
朝日アグリア
¥777 (2021/10/17 00:29:46時点 Amazon調べ-詳細)

芽の整理、追肥、土寄せ、収穫

ホースラディッシュの収穫

芽がたくさん伸びてくるので、5〜6芽を残して他は摘み取ります。

また、収穫しても残った根から萌芽し、畑全面に広がるので、1年に1回は不定芽を整理し、または植え直しをし、適当に間隔をあけて太い根にしていきます。

追肥は2回に分けておこないます。

追肥1回目は、夏の終わり頃におこないましょう。

畝の片側に肥料をばらまき、軽く土と混ぜて土寄せします。

追肥の量は1株当たり、化成肥料大さじ3杯です。

追肥2回目は、翌春、盛んに伸び始めた頃、1回目の反対側に追肥を1回目の追肥と同じ量を同様に施します。

収穫は、生育中から次々と根の一部を掘り取り、適宜利用します。

冬、地上部が黄化する頃には太い根が完成します。この頃掘り上げると、最も良質で多収です。

おわりに

ホースラディッシュ

ホースラディッシュはヨトウガコナガアオムシなどに食害されやすいです。

食害痕が目立ち始めたら、殺虫剤を散布します。草勢が強いので、多少やられても減収にはなりません。

ホースラディッシュ (畑ワサビ)は、日本のワサビよりも辛みが穏やかで、ローストビーフの薬味などに利用されています。

辛み成分のアリルイソチオシアネートは、さわやかな香りとツンとする辛みが持ち味です。

ホースラディッシュ(畑ワサビ)は、一度植えると何年も収穫が期待できるので、ぜひ一度育ててみてはいかがでしょうか。

下記では、他にも100種類以上の野菜の育て方・栽培方法をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。