自然農薬

【自然農薬】根コブ病を身近なもので予防する【画像付き】

1.根コブ病をコーラルで予防する|効果

根コブ病は、アブラナ科野菜に被害をもたらす病気です。水はけの悪い畑や、アブラナ科を連作すると出やすくなります。

被害が出た畑では、植えつけ前にコーラル(農業用のサンゴ化石)を施用すると予防に有効です。

コーラルには、根コブ病菌の休眠胞子を吸着する働きがあり、そのため胞子は発芽できず、根コブ病が出なくなります。

土にうっすらまいて鍬ですき込むか、植え穴に少量混ぜ込んでおきましょう。

・アブラナ科野菜の根コブ病を減らす

・コーラルを畑全体にすき込む

・植え穴に混ぜる方法も有効

2.根コブ病をコーラルで予防する|使い方

キャベツやハクサイなどの苗を定植する場合、植え穴に約50gのコーラルを入れ、土とよく混ぜてから定植します。

アブラナ科野菜のタネをまく場合は、畝にうっすらとコーラルをまいて鍬ですき込んでおきます。

おわりに

今回は、コーラルを使って根コブ病を予防する方法について紹介しました。

下記では、この他にも20種類以上の自然農薬について紹介していますのでぜひご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。