基礎知識

マルチ(マルチング)とは?意味とその種類

この記事では、マルチ(マルチング)について基本をまとめました。

後半は、ポリマルチの種類とマルチ別の地温効果についてまとめていますので、気になる方は見出しから飛んでください。

1.マルチ(マルチング)とは?

ポリマルチ

「マルチング」とは、畑で作物を栽培するときに、株元や畝全体など、土壌の表面を何らかの資材で覆うことです。

でも大体は「マルチング」と言わず「マルチ」って言いますよね。

そのマルチ資材は昔は、稲わらやもみ殻が使われてきましたが、現在はポリエチレンフィルム(ポリマルチ)が一般的です。

ポリマルチ=マルチではないので注意。現在の主流がポリマルチってだけです。
ポリマルチは使いやすいですが、追肥しづらいのが欠点ですね。

2.マルチ資材の使い方

ポリマルチ

ポリマルチ

ポリマルチは畝作り後に張ります。

畝の周囲にマルチの端を埋めるための溝を堀り、畝にマルチをかぶせるようにマルチの周囲を溝に埋めて、土をかぶせておさえていきます。

この時、しわがないようにピンっと張ることが大事です。マルチおさえがあると便利ですね。

created by Rinker
日本マタイ
¥1,351 (2021/09/17 09:40:18時点 Amazon調べ-詳細)

稲わら

稲わら

稲わらは、苗を植えつけた後に、苗の株元を覆うように置いて利用しましょう。

これは、「敷きわら」と呼ばれます。

マルチとして利用した稲わらは晩秋にすき込んでよく腐熟させれば、窒素分が少ない植物質の堆肥として土作りに利用できます。

もみ殻マルチも同様に利用できます。

稲わらやもみ殻マルチはポリマルチに比べて土壌に雨水をあてない効果や、病害虫の発生を減らす効果などは劣ります。

肥料分の多い栄養堆肥は避けましょう。肥料分の多い堆肥を土壌表層に施すと害虫が集まりやすくなります。また、アンモニアガスを発生させやすくなってしまいます。後、未熟なおがくずや、パーク堆肥も向きません。

有機物マルチでオススメは稲わらですね。

あまり有名ではないですが、畑に炭をマルチとして散布する方法もあります。

株元を覆った炭は、水分を保つとともに地温を適度にコントロールするのに役立ちます。

炭マルチで地温は2℃〜3℃上昇し、根の伸びもよくなり、細根が増えます。

3.ポリマルチの種類

黒マルチ

ポリマルチを4種類紹介します。

用途に応じて使い分けることができればなお良いですね。

黒マルチ

安価に買うことができて、一般的によく使われるポリマルチです。

地温の上昇率で言うと、地表の温度は上がりやすいですが、深いところは上がりにくいです。

夏場、表面が高温になる問題がしばしばあります。

その場合はポリマルチの上からワラを敷くのも良いですね。

created by Rinker
第一ビニール
¥1,078 (2021/09/17 08:29:23時点 Amazon調べ-詳細)

透明マルチ

地温上昇率が4種類の中でトップです。

でも透明なので光をよく通します。

ということで雑草の抑制効果はほとんどなくて、雑草が生えてしまいます。

created by Rinker
森下
¥825 (2021/09/17 09:40:18時点 Amazon調べ-詳細)

紫(青)マルチ

透明に近い地温上昇率です。

赤外線域の光線はよく通します。雑草抑制効果はアリです。

さらに、マルチ自体に「活性フェロキサイド」と言うものが配合されており、日中に蓄熱し、夜間に放熱する効果があります。

緑マルチ

地温上昇率が高くて、雑草抑制効果もあります。地温保持効果が高いです。

ポリマルチの種類をまとめましたが、この中で地温上昇率で言うと、

一般的に透明>紫>緑>黒 の順番ですね。

created by Rinker
岩谷マテリアル
¥2,130 (2021/09/17 09:40:19時点 Amazon調べ-詳細)

4.まとめ

いかがでしたか?今回はマルチについての基本と種類を紹介しました。

下記では、野菜づくりにマルチを使うことでどんな効果があるのか4つの効果をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。