基礎知識

間引きとは?間引きの方法【園芸】

良い野菜を収穫するためには、間引きが必要不可欠です。

形の良いもの、勢いのあるものを残して他は間引きし、健全な株に育てていきます。

この記事では、間引きの方法についてまとめましたのでぜひ参考にしてください。

間引きとは?

大根の間引き

発芽後に、生育の遅いもの、極端に早いもの、形が整っていないものなどを取り除き、

間隔を広くする作業を間引きといいます。

通常は、収穫する株数よりも多めに種をまくので、発芽すると密生状態になっています。

このまま放置しておくと軟弱徒長していくので、タイミングよく間引きをする必要があります。

野菜ごとに適した株間をあけることで生育がよくなり、収穫量も上がります。

間引きの方法

間引きは生長に応じて1〜3回に分けておこないます。

条まき

ほうれん草の間引き

条まきの場合は株間を広げて、野菜ごとに適した間隔をあけます。

最終的な株間は、ほうれん草などの軟弱野菜は5〜6cm、ニンジンは6〜12cmくらいです。

点まき

小カブの間引き

点まきの場合は、野菜ごとに適した株数になるように調整します。

ダイコンやニンジンは1カ所に1株、小カブは1〜2、軟弱野菜は2〜3株程度残すことを目安に間引きましょう。

おわりに

高品質の大根

この記事では、間引きについてまとめました。

間引きをしないと苗同士が栄養分を奪い合って、大きくなりませんし、風通しも悪いので病気にもかかりやすいですよ。

間引きをしっかりおこなって高品質・多収の野菜を収穫できるようにしましょう。

植えつけてからの栽培管理として、「中耕」「追肥」「間引き」「土寄せ」はとても大切な作業となります。

下記では、中耕や間引き、追肥についてまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。