育て方|栽培方法

山椒(サンショウ)の育て方|栽培方法

山椒(サンショウ)はハジカミの名でも知られており、もっとも古くからある香辛野菜で、北海道南部以南の全国各地に自生しています。

若芽をはじめ葉、花蕾、未熟果、熟果を和風料理に広く利用できます。

りぐ

この記事では、山椒の育て方・栽培方法についてまとめています。

山椒について

サンショウ栽培について

サンショウは本来は山野に自生する高さ2〜3mの落葉低木で、栽培が始まったのは明治時代からです。

現在では促成栽培も行われるようになり、毎年出回るようになりました。

 

サンショウは日当たりの良い場所を好みます。

雌雄異株なので、果実や種子を利用する場合には、雌株と雄株を両方植える必要があります。

種子は乾燥に弱いので、川砂の中に入れて保管しましょう。

 

種まき後、乾燥予防のために畝にワラを敷き、定植後も、株元にワラを敷きましょう。

若い芽が3cmくらいに伸びたら摘み取ります。

りぐ

サンショウには枝にとげのある普通種と、とげが少ない朝倉山椒などの品種があります。

家庭菜園で扱いやすいのはとげなし種ですが、とげのある普通種の方が収穫量はたくさんになります。

苗づくり・畑の準備・植えつけ

サンショウの苗

まずは、苗づくりからで、種子は乾かないように川砂の中に入れておきます。

2月中旬〜下旬頃、元肥を全面にすき込んだ畝を作り、種を条まきします。

種をまいた上に敷きワラをして、乾かさないようにし、本葉が2〜3枚の頃に、畑に植えつけましょう。

 

次に畑の準備で、植えつけの2週間くらい前に溝の長さ1mあたり堆肥7〜8握り、油かす大さじ7杯の元肥を施します。

苗の準備と畑の準備ができたら株間20cm程度で植えつけていきましょう。

created by Rinker
日清ガーデンメイト
¥862 (2022/07/05 15:43:21時点 Amazon調べ-詳細)

敷きワラ・追肥・収穫

サンショウの収穫

植えつけた後は、敷きワラをして雑草の発生と乾燥を防ぎます。

追肥は生育中、年に2〜3回ほど1株当たり化成肥料大さじ1杯程度で施します。

収穫は3cmくらいになった若芽を使用します。

りぐ

手で叩いて香りを出してから料理に使いましょう。

未熟果は塩漬けや佃煮にすると美味しいですよ。

おわりに

サンショウ

栽培も容易で様々な料理に使える山椒、わざわざ買うのは勿体ない!という人はぜひ一度育てて見てはいかがでしょうか。

りぐ

下記では、他にも100種類以上の野菜の育て方・栽培方法についてまとめています。