育て方|栽培方法

タラノメの育て方|栽培方法

タラノメはタラノキの若芽です。甘くてほろ苦い味は「山菜の王者」とも呼ばれており、春の初物や山菜と一緒に煮物や天ぷらに入れると美味しいです。

この記事では、「タラノメの育て方|栽培方法」についてまとめています。

タラノメについて

タラノメ栽培について

タラノメ(タラノキ)は標高1500mくらいまでの日当たりの良い傾斜地、森林伐採後数年経った場所などによく自生します。

枝や茎に鋭いとげがありますが、とげなしのものも選別育成されています。

枝先に固まってつく若葉を摘み取って利用します。

自生しているものは、桜の開花から1週間くらいが採集期となりますが、山どりした枝、またはそれを親木として養成した株の枝を切って挿し木し、その芽を収穫する方法で栽培します。

栽培の目安

普通栽培:根ざし3月、植えつけ11月、12月、収穫4月中旬〜5月下旬

促成栽培(冬):萌芽処理1月、収穫2月中旬〜3月下旬

促成栽培(秋):萌芽処理9月下旬、収穫11月

促成栽培(春):萌芽処理2月下旬、収穫4月

タラノメは山地に自生しているものが増殖、栽培されているので、品種分化はみられませんが、とげのない系統のトゲナシタラノキも市販されています。

オススメの品種

新駒みどり(タキイ種苗):とげが少なく、扱いやすい。多収が期待でき、若木の間はとげがある。

根ざし・苗木の植えつけ・剪枝

タラノメの根ざし

春先、萌芽しない前に掘り上げて15cmくらいの長さに切断します。

また、その後に根の先の部分を切り落としましょう。

クワ幅の植え溝を掘り、約10cm間隔に根を置きます。

覆土の厚さは5cmとします。

すると、春になると萌芽してきます。秋になったら掘り上げて、株分けし、本畑に植えつけましょう。

株間は50〜60cmで植えつけています。

タラノキは大きく生長するので、株間を十分にとって苗木を植えつけ、剪枝して無駄な枝を出さないようにします。

放任すると毎年木が大きくなって管理がしにくなり、大きな芽がとれなくなります。

収穫後には下の方の大きい芽を2〜3芽残して切りつめるようにします。

稲木の採取・萌芽処理(ふかし)・収穫

タラノメの収穫

親木から、直径2.5〜3cmの枝を切り取ります。切るときはノコギリなどで切りましょう。

枝を15cmくらいの長さに切って、水につけておきます。

稲木は枝の直径が2.5〜3cmになった太いものを採取し、長さ15cmくらいにそろえて切断します。

水につけた後は、萌芽処理をしていきます。やや深めの発泡スチロール箱に斜めに立てかけるようにして穂木を詰めます。

発砲スチロールは底から1cmのところに直径1cmの排水孔をあけておきましょう。

また、水やりをしっかりおこないましょう。

春・秋の場合、ビニールトンネルをつくって、上に遮光資材を掛けましょう。

冬の場合は、ハウス内に設けたトンネル内に置き、電熱で床温を18〜20℃で保ちます。

2日に1度は水やりをしましょう。

収穫は新芽が開かないうちに切り取って収穫します。

おわりに

タラノメ

タラノキの若芽であるタラノメは、ビタミンやミネラル、タンパク質も含まれる健康野菜です。

特に強い抗酸化作用を持ち、「老化抑制ビタミン」としても注目されるビタミンEを多く含むので、アンチエイジングのためにも積極的にとりたいですね。

変わり種として一度、「タラノメ」を育ててみてはいかがでしょうか。

また、下記では他にも、100種類以上の野菜の育て方・栽培方法をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。