土と肥料

【家庭菜園】生ゴミ堆肥の作り方【永久保存版】

家庭で出る「生ゴミ」も使い方次第で「堆肥」に生まれ変わります。

この記事では、生ゴミ堆肥の作り方を「段ボール編」「コンポスト編」に分けて紹介しています。

また、少量の生ゴミでも堆肥は作ることができます。

その場合は、下記の「生ゴミ堆肥をペットボトルで作る」を参考にしてください。

段ボールで生ゴミ堆肥を作る

生ゴミ堆肥

庭先でもベランダでも手軽に簡単に作れる段ボールコンポストを使った堆肥づくりが広がっています。

生ゴミを捨てずにリサイクルすることで、魅力的な土づくり資材として家庭菜園や花壇、プランターに活用できます。

生ゴミ堆肥づくりには、何かと手間がかかるイメージがあります。

しかし、ここで紹介するのは、材料が厚手の段ボールと、園芸資材用のピートモス、もみ殻くん炭だけです。

 

毎日500g〜1kgの生ゴミを入れても、量はほとんど増えることはなく、少人数の家庭なら3〜6ヶ月は続けて生ゴミを処理できます。

また、生ゴミを毎日入れなくても水分のバランスさえ気をつければ、問題ありません。

段ボールは入手しやすく、コストがかからない優れものの容器です。

ただし、傷みやすので、毎回新しいものが必要になります。

生ゴミ堆肥の作り方の手順【段ボール編】

①材料を入れ、混ぜる

段ボールの中に、ピートモス15ℓともみ殻くん炭10ℓを入れてよく混ぜ、全体に酸素を供給する。

②生ゴミを入れる

真ん中をくぼませて生ゴミを入れて、軽くほぐします。

翌日、新しい生ゴミを入れる前に真ん中を中心によく混ぜます。

その時、箱の側面に触れて傷つけないように注意しましょう。

③虫よけカバーをつける

虫よけカバーをつけます。

表側には害虫が卵を産みつけていることがあるので、裏表を間違えないように注意しましょう。

④適宜水を入れて完成させる

3〜6ヶ月ぐらいたって発酵速度がゆっくりになると、生ゴミを入れても容量が減らなくなり、水っぽさが増します。

目安の生ゴミ投入量は50kg程度です。

以降、生ゴミは入れずに1週間に1回500mℓ〜1ℓほど水を回し入れます。

3〜4週間で堆肥として使えるようになります。

コンポスト容器で生ゴミ堆肥を作る

コンポスト

コンポスト容器を使えば、同じ生ゴミを使ってまとまった量の堆肥を作ることができます。

市販のプラスチック製コンポスト容器には、容量100ℓから300ℓのものまで幅があります。

家庭菜園の広さが10坪(約33㎡)ほどであれば、200ℓタイプで作った堆肥の分量で、1年間は十分にまかなうことができます。

 

2基のコンポスト容器を用意して、使用中・発酵中、または、生ゴミ堆肥用と腐葉土用というように使い分ける手もあります。

コンポスト容器は、プラスチック製なので、放熱しやすく、内部が十分な温度を保ちにくいため、発酵の進みが遅いという難点があります。

ですから、生ゴミの水気をよく切って入れましょう。

基本的に生ゴミや野菜クズを入れたら、その上に乾いた土で覆うという作業を繰り返し、サンドイッチ状にしていきますが。米ぬかや乾いた雑草・落ち葉を入れても良いでしょう。

 

容器は、水はけがよく、日当たりの良い場所におきます。

容器がいっぱいになったら1ヶ月に1回の割合で切り返しますが、移植ごてで中身を直接かき混ぜるか、コンポスト容器を土から引き抜いて中身を出してかき混ぜるか、2種類の方法があります。

完熟した堆肥は畑で利用するときまで保管しておきます。

生ゴミ堆肥の作り方の手順【コンポスト容器編】

①野菜クズを天日干しする

野菜の天日干し

生ゴミの水分はできるだけ切っておきます。

野菜クズは、ざるや新聞紙の上に広げて、天日で1〜2日間干し、細かく切って水分を落とします。

②コンポスト容器を10cmほど埋める

コンポスト

日当たりと、水はけ、風通しが良い場所に、コンポスト容器を10cmほど埋め込みます。

乾いた土を5cmほどの厚さになるくらい中に入れて、表面をならしましょう。

③材料と土を層になるように入れていく

生ゴミと野菜クズ

生ゴミと野菜クズを混ぜたものを入れて表面をならします。

さらに、乾いた土を材料と同量入れて、完全に材料が見えなくなるように表面をならします。

この手順で順次材料と土をサンドイッチ状に重ねていきます。

④1ヶ月ほど置いておく

コンポストでの堆肥

容器がいっぱいになったら、1ヶ月ほど置いておきます。

その間、ふたはきっちりと閉めずに軽くのせておく程度にしておきます。

必ず一番上に土がくるようにしましょう。通気性とハエの予防のために、防虫網をかけて固定し、晴れている時は、なるべくフタをあけて、中の水分を飛ばすようにしましょう。

⑤切り返しをおこなう

切り返し

1ヶ月に1回を目安に切り返しをおこないます。

⑥完成

堆肥

材料の原型がなくなって、嫌な臭いがせず、土に近い臭いがするようになっったらできあがりです。

おわりに

この記事では、段ボールやコンポストを使った堆肥作りについて紹介しました。

生ゴミ以外にも使える資源はあります。例えば落ち葉を使った腐葉土作りなどです。

下記で腐葉土作りについてまとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。