基礎知識

移植ゴテとは?種類と正しい使い方【保存版】

移植ごて(スコップ)とは?正しい使い方

家庭菜園の本によく「移植ゴテ」という名前が載ってますよね。

なんとなく知っているかもしれませんが、そもそも移植ゴテって何でしょう?

実は移植ゴテにも色々あるんです。用途に合わせて選ぶと良いですよ。

今回は、移植ゴテについてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

移植ゴテとは?用途と特徴

移植ごて

移植ゴテは、通称「スコップ」とも言います。

左官(建物の壁や床、土塀などを、こてを使って塗り仕上げる仕事)のコテを改良したものなので道具名に「コテ」がつきます。

苗を植えるための穴を掘ったり、苗を定植したりする道具です。

プランターや花壇など小さいスペースから、畑まで利用度が高く、材質は鉄、ステンレス、プラスチックとあります。

 以下に各部の名称をまとめました。

移植ごて(スコップ)の各部名称

刃先‥‥土に差し込むため、刃先が尖っているものが多いが、丸みのあるものもある。

スコップ面‥‥幅広のものから狭いものまである。目盛りが表示されているものは植えつけの際に重宝する。

柄‥‥手で握る部分。

 

移植ゴテのいろいろ

移植ごて(スコップ)の種類

プラスチック製移植ゴテ

全体が強度のプラスチックでできているので、支点部分が曲がりにくく、軽くて扱いやすいです。

created by Rinker
ARC
¥1,230 (2021/06/18 19:18:55時点 Amazon調べ-詳細)

鉄製移植ゴテ

スタンダードなタイプの移植ゴテで、スコップ面から柄まで型抜きで作られたものです。

扱いやすいですが、土の堅い場所など無理な使い方をすると、スコップ面の先が曲がったり、支点部分が曲がったり折れやすくなります。

created by Rinker
エコー金属
¥290 (2021/06/19 08:21:24時点 Amazon調べ-詳細)

スコップ面がステンレス勢移植ゴテ

サビや傷に強いです。柄の部分が木など、別の材質になっていることが多いです。

スコップ面の肉厚が1mm以上の場合は、支点部分に折り止めリプが付いているものが良いです。

created by Rinker
コンヨ(KONYO)
¥990 (2021/06/18 20:12:13時点 Amazon調べ-詳細)

ハンドスコップ

土をすくったり、苗を移動する際に使用するもので、土がこぼれないように側面が立ち上がっています。

移植ゴテの正しい使い方

移植ごての使い方

移植ゴテは、穴を掘るだけの道具ではなく、肥料や用土を混ぜたり、土の整地をしたり、小さいスペースでクワやスコップなどの役割を担う道具です。

てこの原理を利用してコツさえつかめれば、1本で十分作業はこなせますよ。

①親指を伸ばし、柄の部分を持つ。

②刃先を土に差し込む。

③柄を倒し、穴を掘る。

メンテナンスと管理

移植ごてのメンテナンス

刃先やスコップ面が汚れていると、次の作業時に使いづらくなるため汚れを落としてからしまいましょう。

特に折り止めリプの部分に土が入りやすく、そのままにしておくとサビが出て折れやすくなるので、取り除いておきましょう。

①ヘラなどで土を取り除く。

②軍手をはめて水洗いをする。軍手で洗うと汚れが取れやすい。

③乾いた布でしっかり水気を拭き取ってから収納する。

おわりに

今回は、移植ゴテの種類と正しい使い方についてまとめました。

これで種類や使い方に悩むことはなくなりますね。

道具を「なんとなく使う」から「理解して正しく使う」にステップアップしていきましょう。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。