育て方|栽培方法

コウサイタイ(紅菜苔)の育て方|栽培方法

コウサイタイは早春に伸びる、紫紅色の花茎(ナバナ)を収穫して食べる野菜で、クセがなく、アスパラガスのような甘みがとても美味しいです。

この記事では、「コウサイタイの育て方|栽培方法」についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

コウサイタイについて

コウサイタイ栽培について

秋まきでは、早春の頃から次々ととう立ちし、1株当たり20〜30本の花茎を収穫できます。

コウサイタイ栽培の目安

露地栽培(育苗):種まき9月上旬〜下旬、植えつけ10月上旬〜下旬、収穫12月中旬〜3月下旬

露地栽培(直まき):種まき9月上旬〜下旬、収穫12月中旬〜3月下旬

葉や花茎は「紅菜苔」の名の通り、紫紅色で、濃黄色の可愛らしい花は鑑賞向きでもあります。

良い花茎を収穫するためには、とう立ちする頃の水きれに注意しましょう。

マルチングをして栽培すると良いです。

暑さには弱いですが、低温には比較的良く耐え、低温に合うほど色が濃くなります。

収穫は、手で折れるところで花茎を摘み取ります。

再びわき芽が伸びてくるので、順次収穫します。

コウサイタイは品種の分化がないので、コウサイタイ(紅菜苔)の名で市販されているものを求めて栽培しましょう。

コウサイタイ栽培オススメの種

紅菜苔(トーホク):茎が紅色の中国野菜。次々と出る花茎は風味があり、歯ざわりがよくておいしい。

created by Rinker
株式会社トーホク
¥425 (2021/07/30 03:11:18時点 Amazon調べ-詳細)

畑の準備・種まき

種まき

まずは、畑の準備からです。種まきの1ヶ月前くらいに多めの石灰をまいて、よく耕します。

種まきの2週間くらい前に元肥を施しましょう。元肥の量は、溝の長さ1mあたり、堆肥4〜5握り、油かす大さじ5杯、化成肥料大さじ3杯です。

茎の太い良品を収穫するには、良質の堆肥を十分に施すことが大切です。

コウサイタイをそろって発芽、生育させるために、まき溝の底面を平らに丁寧につくります。

種まき、間引きし、本葉2〜3枚の1本仕立てにします。株間は30cmです。

育苗の場合

育苗の場合は、育苗箱を利用して条まきする。本葉2枚の頃、3号ポリ鉢に上げ、本葉4〜5枚の苗に仕上げる。

幅60cmの畝に、株間30cm、条間40cmで植えつける。

created by Rinker
朝日アグリア
¥502 (2021/07/29 08:34:13時点 Amazon調べ-詳細)

摘心・追肥・土寄せ・収穫

コウサイタイの収穫・調理

主茎は花が咲いたら早めに収穫してわき芽の発生を促します。(摘心)

追肥・土寄せは2回に分けておこないます。

第1回は、最初のとうを摘み取った後、株間にばらまいて軽く土と混ぜます。

追肥の量は、1株当たり油かす大さじ2分の1杯です。

第2回は、第1回から15〜20日目に畝の両側にまいて、クワで混ぜながら土寄せします。

created by Rinker
日清ガーデンメイト
¥341 (2021/07/30 07:23:18時点 Amazon調べ-詳細)

とう立ちし始める頃から水やりを入念におこないます。育ちが十分でなければ液肥を加えます。

収穫は、2〜3輪開花した頃、茎を20cmくらいの長さに折り取り利用します。茎を折り取ると再びわき芽が伸びてくるので順次収穫します。

1株から40〜50本収穫できます。

おわりに

上述した通り、コウサイタイは1株から40〜50本とたくさん収穫できますし、市場でもあまり出回っていない野菜です。

ものは試しに、1株〜2株、家庭菜園のすみっこで育ててみてはいかがでしょうか。

下記では、他にも100種類以上の野菜の育て方・栽培方法をまとめていますので、コチラもあわせてご覧ください。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。