実践記録

育たない?大きくならない?ラディッシュの実践記録

1.土作り、種植え

ラディッシュの土づくり

まずは、土作りからです。土作りといってもラディッシュは(大量栽培・大量収穫でなければ)プランター栽培が適していますね。

ホームセンターに売っているプランターと培養土でしっかりと育ってくれます。

そういった意味でとても育てやすい野菜だと思います。

もし、僕が誰かに家庭菜園を進めるとしたら初めはこの「ラディッシュ」か「紫蘇」あたりをすすめると思います。

それぐらい作りやすい野菜だと思ってもらって結構です

 

ちなみに、僕は畑で畝を作って育てました

畝を立てたのが10月1日でした。

畑で畝を立てる上で大切にしたいことは2つです。

まず1つは、畝は高くなくて良いです。

ラディッシュは小さなカブで根っこもそこまで長くならないので高畝にする必要はないです。

もう1つは、連作に注意することですね。

ラディッシュやカブは連作をすると生育不良が起きやすくなる野菜です。

一般的にラディッシュの場合は、一度育てた後は3〜4年は同じ土地でラディッシュは育てないほうが良いです。

そういった意味でもプランター栽培が適した野菜かもしれませんね。(勿論畑でもオッケーです。僕は畑で立派なラディッシュを作ったので。)

さて、土作り(準備)ができたら、いよいよ種植えですね。

ラディッシュにも色々な種類があります。例えば、下の写真のような「ラディッシュミックス」

ラディッシュの品種

発芽して大きくなるまでどんな形のどんな色がわからないのでワクワクしながら育てることができますね。

僕は、トーホク育成さんの「赤丸はつか」を買いました。毎回この赤丸はつかですね。

created by Rinker
株式会社トーホク
¥325 (2021/10/17 06:30:04時点 Amazon調べ-詳細)

種まきは基本すじまきが良いですよ。10月1日に種をまきました。

2.発芽!そしてここからすぐに大きくなっていく。

ラディッシュの発芽

10月7日に発芽しました。一週間もあれば十分発芽が揃っていました。ここからどんどん大きくなってきます。

ラディッシュは二十日大根と言うだけあってすぐに大きくなっていきます。

と言っても20日後ではなかなかできませんね。30日弱はかかりますね。種植えから大体25日〜45日前後で収穫できるものに育ちます。

ラディッシュの生長

10月9日の様子です。初めの双葉が大きくなり、本葉が出てきそうになってきました。

ラディッシュの本葉

10月15日の様子です。本葉がしっかり生えてきましたね。ここから大きくなって赤色の部分が見えるようになってきます。

僕はこの後のラディッシュへの手入れとしては密植気味の部分を間引きします。

ラディッシュの形が悪い

10月19日の様子です。間引きをしました。あまり密植しているようなら、ラディッシュが大きくなりませんので間引きをしましょうね。

もうこの時点で赤いですね。この赤さはアントシアニンからくるものです。アントシアニンはポリフェノールの一種です。

この赤色の部分が段々と大きくなってラディッシュになるんですねー

ハツカダイコンの生長

10月23日の様子です。さらに間引きをしました。

4日でこれほど変わるか!と言う具合に太ってきましたねぇ〜

順調に大きくなっています。

ラディッシュの収穫

10月28日のラディッシュの様子。もう丸々と太ってきましたね。ここまでくれば収穫は目前!

3.収穫!!!

ハツカダイコンの収穫

11月1日の様子。収穫します。10月1日に種植えをしたのでちょうど1ヶ月ですね。

あまり放置すると裂球してしまうリスクが高まるので、これほど大きくなったら収穫しましょう。

ラディッシュ栽培について

上手なラディッシュができました。ほとんど生育不良なものはなく健康に育ってくれました。

4.生育不良総ざらい

「育たない!」「大きくならない!」

密植しすぎると、根が大きくならないでヒョロくなってしまいます。

間引いて、株間を4〜5cm確保するようにしましょう。

また、土が少ないと根が土の表面を走ることがあります。その時は生育の途中で土を寄せて、十分に土をかぶせましょうね。

「根が裂ける!」「形が崩れてしまう!」

ラディッシュの形が悪い

原因としては、ラディッシュの中の水分量のバランスが悪かったり、温度が高すぎることで引き起こされます。

ハツカダイコンは一年中栽培できますが、夏の暑い時期は要注意ですよ。高温期には、株が徒長気味に育ってしまって、根の形が悪くなってしまうものが多いので。

あとは株間が狭くてもこういったことが起きます。早めの間引きで広めにゆったり育てましょう。

根が裂けてしまうのは、畑の水分が乾いているときと湿っているときの差が大きいと、根が裂けます。

また、未熟な堆肥や肥料の塊によっても、根が裂けたりすることがありますよ。

5.まとめと感想

今回は10月1日に種を植えて、11月1日に収穫しました。1ヶ月もあれば十分大きくなります。

これが夏だともう少し短期間で大きくなりますよ。ただ、僕はこの11月1日に収穫した後、11月7日にもう一度植えてみました。

しかし、1ヶ月後の12月7日にはまだ本葉が出て少したったぐらいでこの後本格的な冬に突入しても大きくはなりませんでした。

やっぱり気温ですね。生育適温は5℃〜35℃なので、流石に寒くなってくると大きくなりずらいですね。

なので一年中栽培できるといっても寒かったらなかなか大きくならないのでその辺も考えながら栽培したいですね。

でも、いかんせん育てやすい!!家庭菜園初心者にはもってこいの野菜ですし、子どもが初めて育てる野菜とかとしても良いんじゃないですかね。

綺麗な赤色のラディッシュを育てることができてとても楽しかったです!!

それでは、また。ありがとうございました。

ABOUT ME
あぐり
家庭菜園の初心者の方向けに、野菜の栽培方法の基本から育て方のコツ、応用技まで紹介しています。